[NCAA短評]忘れられないメモリアルデー

0d4c4ca86bdb106de488879efcaa4070
Sources: Ohio State Coach Jim Tressel was encouraged to resign (Columbus Dispatch)
Volunteer work, not NFL, likely in Tressel’s future (NFL.com)

昨日の帰り、バスに乗っていると赤羽橋あたりで大渋滞が起こっていました。先を見るとパレードが行われていました。慶応大学の東京六大学野球春季リーグの優勝を祝してのパレードでした。リーグ5位に終わったとはいえ、ライバルの早稲田を破って優勝をした慶応大学にとってはものすごい出来事ではありますが、慶応どころか六大学出身ではない自分にとって、そしてバスに乗って家に帰っている自分にとってはありがためいわくな話です。果たしでバスに乗っている人たちがどれだけ六大学野球、もっといえば大学スポーツ全般に興味があるのだろうと思います。

日本では大学スポーツは一部のメディアが盛り上げるイベントを除けば、高校野球よりもその市民権を得ていない印象を受けます。それはかつて神宮球場を満員にした歴史がある六大学野球も同じです。それと比べると、アメリカのカレッジスポーツ、特にフットボールとバスケットボールはアマチュアスポーツでありながらもひとつのビジネス業種でもあります。それも強豪チームとなればうごめく人物と動く金は計り知れません。

そうした大学のチームを率いるヘッドコーチは、プロスポーツチームの監督よりも強いプレッシャーにさらされていると言えます。大学から、卒業生から、地元のファンから、メディアから、そして全米中からその視線を浴びざるを得ません。同時に大学スポーツのヘッドコーチであることは、単に勝つことだけを純粋に追い求めるプロスポーツと違い、学生である選手たちを教育してい立場をも担っています。プロスポーツの監督の場合は、ある程度好き勝手なことを言ってもそれはエンターテイメントとして受け流してもらえるところもあります(例:オジー・ギーエン)。しかしカレッジスポーツの監督は、ビジネス面での成功、戦術面での巧さ、若い選手を導くリーダーシップ、そして教育者としての倫理面の高さを求められます。

オハイオ州立大学のフットボールチームのヘッドコーチ、ジム・トレッセルは、いつもいわゆる「チョッキ」とネクタイ、Yシャツでビシっと決め、大人気チームの若い選手を戦術面でも教育者としても率いてきました。これまでの成績のみならず、その倫理的な行動によっても全米でも屈指の尊敬を受けるヘッドコーチだとされてきました。しかし、昨年末、一部の選手がタトゥーショップの店主から金銭を受けていたとする疑惑が発覚しました。そうした噂が出てしまうこと自体、ヘッドコーチとしては試合に負けることと同程度に屈辱的なことだと思います。しかし、トレッセルはこのときにその疑惑を否定し、選手を庇うかのような発言を続けたことが、むしろトレッセルの評判を落とすこととなりました。大学のヘッドコーチは、執拗なメディアの追求から選手を守るべき時もありますが、それはフィールド上のプレイへの批判に対しては有効でも、フィールド外の非倫理的行為への批判に対しては間違った動きだったと言えるでしょう。

そしてメモリアルデーの朝、トレッセルは選手たちに対して辞任する旨を発表しました。そのニュースは瞬く間に全米中に流されましたが、この辞任は自ら決めたのではなく促された(encouraged to resign)ものでした。いずれにしても、それだけ影響力のある大学フットボールチームのヘッドコーチ辞任劇という点では、日本の大学スポーツではそれに類するものを見つけることはできません。トレッセルはオハイオ州立大学のヘッドコーチとして素晴らしい成績、ミシガン大学との名勝負や優秀な卒業生を輩出してきた点ではカレッジスポーツ史上でも屈指の人物になるはずでしたが、自らの誤った判断により、カレッジ界だけでなくNFLでもヘッドコーチとしての座を失われました。

トレッセルの人生の中では最も忘れられない、あるいは忘れたいメモリアルデーとなったことでしょう。

(たぶん)風呂上がりなっきぃ(風呂上がり前なっきぃも見たい!!)

[MLB短評]Collision heard around the world

7e2ba05ac5eaa47c7fa449a87d8bf31b
Posey hurts ankle in home-plate collision (MLB.com)
Posey incident stirs collision debate (SI.com)
Posey-Cousins collision part of baseball (MLB.com)
La Russa would like to discuss rule change to protect catchers, runners (STLtoday.com)

接触プレイの少ないスポーツ、野球において、本塁上に突っ込んでくるランナーと、内外野から返球されるボールを待ち構え、ホームプレートを死守するキャッチャーとの一瞬の攻防は、最もスリリングなシーンです。しかし、マーリンズのスコット・カズンズとジャイアンツのバスター・ポージーとの衝突は、興奮よりも痛々しさと悲しみすら呼び起こしました。

サンフランシスコで25日に行われた試合で、12回表6-6の同点の場面で、サードランナーだったカズンズはライトへの浅いフライを見て、本塁へ無我夢中で走ってきます。一方、今やメジャーリーグを代表する捕手で、次世代のスーパースターとして走り出しているポージーは外野からのボールを待ち構えます。ポージーは左側からランナーが突進する様子を肌で感じていました。そしてランナーが来るよりはるか先にボールは本塁へ来ましたが、ポージーはそれを捕り逃しました。そうわかるのはリプレイを何度も見ているからであり、一瞬でボールの行方まで判断できないカズンズは、ポージーへ思いっきり体当たりをし、ホームプレートをこじ開けます。ジャイアンツは失点をしました。そして同時に大きな衝撃を受けたポージーをも少なくとも今シーズンいっぱい失うことになります。さすがのカズンズも倒れこみうごめくポージーを心配し、声を掛ける姿もまた印象的でした。

文字通りホームベースを死守しようとしたポージーの怪我は「世界に響き渡る衝突」となり、すぐさま捕手を突進するランナーから守るためにルール改訂をすべきではないかという議論が巻き起こりました。元捕手のエンジェルズ監督、マイク・ソーシアは野球界には過度の衝突をしないようにするという不文律があるのだとしていますが、果たしてそれを明文化するべきなのか、ということです。ジャイアンツの監督で捕手出身のブルース・ボーチーやカーディナルスのトニー・ラルーサ監督などはこの意見に賛同する一方、解説者のカート・シリングは「運が悪かったとしか言えない」とし、ルール改訂には否定的です。どちらかというと、現場の人たちはルール改訂に賛成、放送ブースや記者席の人たちは反対とまではいかなくとも消極的という印象を受けます。中には、元捕手のティム・マッカーバーのように改訂をすべしと唱える解説者もいるのも事実ですが。

結論はどうなるかは何ともいえませんが、今回のような議論が産まれた背景は二つあると考えます。ひとつは今回の事故がバスター・ポージーという選手の怪我で沸き起こったこと。ちょうど1年前ジャイアンツの新人捕手として登場して以降、ポージーはジャイアンツの攻守の空気を変え、ワールドシリーズ優勝へ大きく貢献し、自らも新人王を獲得しました。今年も2年目のジンクスをはね除ける数字を出し、これからの10年はポージーの時代となりかけていたところに、今回の長期離脱です。別にポージー以外の捕手が怪我をしてもこうした議論が起こらなかったとは言いませんが、現在のメジャーリーグで最も象徴的な若手スター選手が絡んだことは、その後の議論の大きさを象徴しているように思います。

もうひとつは、現在のメジャースポーツ全体に言えることですが、選手の体調をいかにして守り、そして結果としてスポーツビジネスとしてのリーグを盛り上げるか、という点です。特にNFLが脳震盪に対して厳しい方針を適用し、同時に脳震盪とスポーツの関わりがスポーツ界を越え議会レベルにまで発展する今とあっては、アメリカのスポーツ全体が安全確保の流れに走っており、それは止められません。激しい接触プレイが売りでもあったNFLやNHLでも、最近は選手のタックルに対して厳しい反則が加えられるようになりました。中には故意ではないそうしたタックルに対してまで守備側が不利になるルール変更に反対する声もありますが、スター選手を怪我から守り、その選手目当てでスタジアムに来るファンを増やし、あるいはテレビ放映権を確保するためにも、ルール改訂は必要だという意見も根強いです。一昔前のコンクリートのような人工芝での全力プレイを強いられていた時代とは変わってきています。

どのスポーツでもアメリカでは強くて男らしいプレイが好まれ、その中でホームベース上のランナーと捕手のぶつかり合いは非常にドラマチックであるのは事実です。しかし誰もスター選手が生まれ、育っていくドラマの突然のエンディングを見たくないのもまた事実です。今回のカズンズとポージーの一件はひとりの選手の離脱以上の意味を持っているようです。

ツインテールちっさ~

脚出しまいみさま

蔵出しまいみさま

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。