[MLB短評]Different animal

la-sp-0608-dodgers-yasiel-puig-20130608-001

Puig’s homer sets stage for wild walk-off in LA – MLB.com (2013.6.8)
Maholm’s gem wasted as Braves fall in 10th – MLB.com (2013.6.8)
Dodgers get first walk-off win of season, 2-1 – latimes.com (2013.6.7)
Dodgers’ Yasiel Puig took long road to become overnight sensation – latimes.com (2013.6.7)
Puig no longer a secret as Dodgers face Braves – MLB.com (2013.6.8)

野球にかぎらずどのチームスポーツにも当てはまることですが、ひとりの選手だけでは試合に勝つことはできません。でも、ひとりの選手によってチームの雰囲気が変わることはよくあります。

2週間前のロサンゼルス・ドジャーズで話題になっていたのは、いつドン・マッティングリー監督が解雇させられるか、でした。それはもうひとつのロサンゼルスに本拠地を置く大型補強をしたチーム、エンジェルズの不調と共に、なぜロサンゼルスのチームは勝てないのか、という謎の象徴でもありました。昨シーズンの後半から、あれだけの派手な選手獲得攻勢を図りながら、怪我人(負傷させられた選手も含まれていたけど)を抱えているとはいえ、5割に及ばない成績に苦しむ中、その責任の矛先は自然と監督へ向けられました。ビン・スカリーが試合開始の頃の光景に対してどれだけきれいが言葉を並べても敵わないほど、ドロドロとした空気がチームを支配していました。

そのような中で、外野手の主力であるべきはずのカール・クロフォードとマット・ケンプが怪我をしたため、ドジャーズは6月3日の試合から、キューバ出身の22歳のルーキー、ヤジル・プイーグを器用することを決めました。スプリングトレーニングやマイナーでのこの成績を見れば、その期待度は打席に立つ前から高まってもおかしくありません。
01
プイグは早速それに応えました。まずは3日のパドレス戦では、先頭打者として先発したプイグは、第一打席、たった5球目にしてメジャー初ヒットを決めました。

打つ方だけでなく、プイグは試合を決める捕殺でその肩の強さを見せつけました。その翌日、プイーグは2打席連続ホームランでパワーを見せつけました。最初のホームランはレフト、続くホームランはライトへ放ったあたりをみると、プイーグはパワーだけではなく巧さも見せたのではないかと思います。そして、このダイジェストを見てもわかるように、このホームランが劣勢だったドジャーズに試合の流れを持ってくる役割を果たしています。

5日の試合では(やっと)ノーヒットに終わったプイーグは、6日のブレーブス戦では更に大きなことを成し遂げます。まあ、見ればわかります。この光景を見たスカリーがかろうじて発することができた言葉は、”I don’t believe it! A grand-slam home run!”で、ラジオの実況をするチャーリー・スタイナーは”This doesn’t happen even in Hollywood!”と絶叫しました。たった4試合でプイーグは落ち込んでいたロサンゼルスのファンを元気づけたと言ってもいいでしょう。

マッティングリーはこのルーキーを見て”Different animal”と評していますが、そのとおりではないかと思います。と同時に、世間が自分の去就問題から目をそらしてくれるのに手助けしてくれているプイーグに対して、感謝しきれないのではないでしょうか。

そして現地6日の試合でも、プイーグを止めることはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。1-0でリードされていた6回裏、プイーグはここまで好投していたブレーブス先発のポール・マホームズの変化球をレフトスタンドへ打ち返しました。デビュー後5試合で4ホームランを達成したのは、1900年以降2人目です。

地元のファンにとっての歓喜は、相手チームにとっては即脅威になりえます。それはプイーグの次の打席で明らかになりました。8回裏、2アウトでランナーを2塁に置いた状況で、ブレーブスはプイーグを敬遠しました。確かにブレーブスから見たら、前の打席ではプイーグにホームランを打っているし、その前の試合では満塁ホームランを打たれています。それだけでなく、プイーグは今週誰よりも好調な選手であることは明らかです。でも、プイーグはまだメジャーリーグでプレイして1週間も経っていないのです。相手チームは、そのような選手でも敬遠しなければならない存在にまで、プイーグは駆け上がっていました。

そのようなプイーグの見えざる力は、延長10回裏、ドジャーズが今シーズン初のサヨナラ勝ちをもたらす要因にもなりました。1アウトからヒットとワイルドピッチにより、ランナー1塁・3塁の場面で、打席にはホアン・ウリーベが立ちます。ウリーベは途中交代で9番打者でした。その後ろにはプイーグが控えています。ブレーブスのアンソニー・バルバーロとエヴァン・ギャティス(このルーキー捕手もいろいろと話題性のある選手ではありますが)のバッテリーとしては、ウリーベにヒットもしくは犠牲フライを打たれないことと同時に、ウリーベに四死球を与えてもいけない状況でした。1アウト満塁になれば、バルバーロは8回裏のようにプイーグを敬遠できないからです。

ただし、ウリーベの前の打席(8回裏、プイーグが敬遠される直前の打席)では、明らかに強振しようとする姿勢が全面に出ていて、快音が聞かれる雰囲気はありませんでした。落ち着いて対処すれば、2アウトで塁が空いた状態でブレーブスはプイーグを迎えることができ、プイーグを敬遠して2番のマーク・エリス(結局この日無安打)との対戦ができます。でも、もはやプイーグが次の打席にいるだけで落ち着けなかったのか、バルバーロはワイルドピッチとなる低すぎるボールを投じてしまい、そのままドジャーズが勝利を収めました。この写真では、がっかりしてベンチへ引き返すバルバーロの後ろで大喜びをするプイーグの姿を写し出しています。別にプイーグのバットが直接的にサヨナラ勝ちをもたらしたわけではないのに、プイーグがいるだけで何かが起こる、それを端的に表しているように感じます。
la-sp-0608-dodgers-braves-20130608-001

ドジャーズの捕手、ラモン・ヘルナンデスはプイーグの効果について、

Right now he brings an energy we were missing

と答えていますが、まさにその通りではないかと思います。2週間前のドジャーズの状況を考えれば、今は首位を走ってるかのようなチームの雰囲気です。一方でプイーグは主力の怪我によりメジャーでのチャンスを掴んだわけですが、シーズン前、有望な若手選手の100人の中には選ばれていなかったといいます。今、そのリストを作った人物は後悔しているはずです。

振り返ると、ドジャーズほど一人のルーキーによりチームの雰囲気が変わってきたことに関して歴史を持つチームはありません。古くはジャッキー・ロビンソンからはじまり、フェルナンド・バエンズエラ、野茂英雄、そしてそのリストにプイーグが加わろうとしています。この1週間、メジャーリーグの話題をひとりで独占し、ステロイド事件の暗さを純粋なパワーと肩の強さで打ち消してくれました。まだ1週間ではないかという疑念派の声があるのも事実ではありますが、プイーグは話の中心になりつつあることは疑いようがないでしょう。

現在、ドジャーズは地元で連戦中ですが、14日からはピッツバーグでのパイレーツとの3連戦があり、プイーグにとって初めてのロードでの試合になります。そして、18日と19日にはヤンキースタジアムでその実力を見せつける機会が訪れます。少なくともこの頃までは、メジャーリーグの世界ではプイーグを話題の中心に据えていることでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。