[2013ワールドシリーズ 第1戦] Miscue, Miscue

02

Boston Red Sox capitalize on St. Louis Cardinals’ miscues in Game 1 win | MLB.com: News (2013/10/24)
Precision tools: Lester’s gem, fast start power rout | MLB.com: News (2013/10/24)
Boston Red Sox pitcher Jon Lester clicks on all cylinders, A to Zane – ESPN Boston (2013/10/24)
Cardinals drop the ball in ugly World Series Game 1 loss to Red Sox – MLB – Tom Verducci – SI.com (2013/10/24)

97勝65敗という、リーグ最高成績を収めたボストン・レッドソックスとセントルイス・カーディナルスが戦う2013年のワールドシリーズは、試合前から絶対に最高のシリーズになるという声で埋め尽くされていました。両チームとも、成績だけでなく、強力な投手陣、抜け目の無い打撃陣、ミスの少ない守備、いずれの性格も似たチームだと言えるでしょう。それどころか、両チームは、どちらの街にとっても大きな事件-ボストンマラソンでの爆発事件と、スタン・ミュージアルの死去-の直後のポストシーズンで、ワールドシリーズまで上り詰めました。そして、両チームとも、リーグチャンピオンシップでは相手のミスを上手く活かした形で勝利を重ねてきました。カーディナルスは、ドジャーズのヤシエル・プイーグの2つの悪送球を、レッドソックスはタイガースのプリンス・フィルダーの中途半端な走塁をきっかけとして、地元で戦った第6戦でシリーズの決着をつけました。

しかし、最高のシリーズになるという期待を抱いてワールドシリーズ第1戦を見ての感想は、レッドソックスが勝ったというより、カーディナルスが負けたというべきものでした。それはカーディナルス先発、アダム・ウェインライトが最初の打者、ジャコビー・エルズベリーと対戦したときからすでに予言されていたようです。ウェインライトは試合前、ダッグアウトからグラウンドへ出る際に、頭をダッグアウトの天井にぶつけたそうです。それが影響したわけではないでしょうが、ウェインライトはエルズベリーに7球投じて、結局四球を与えました。これがすべての始まりだったのかもしれません。

その後、1アウト1・2塁の場面で、ショートのピーター・コズマの落球によるエラーが起こります。最初、このプレイはアウトと判定されましたが、レッドソックス監督のジョン・ファレルの抗議により、判定が覆りました。これはそもそも抗議が起こる前にセーフと判定されるべきプレイだったのですが、結果的には、ファレルはこの抗議により上手く試合の流れを掴み直し、決め球に悩むウェインライトの投球の調子を狂わせることもできました。レッドソックスはここから3点を奪います。
00

そして2回裏、ウェインライトとカーディナルスの内野陣は先頭打者のスティーブン・ドリューが放った高いフライボールを見失いました。これはエラー扱いにならなかったとはいえ、カーディナルスでは考えられないプレイが2イニング連続で出たことに、レッドソックス以外のファンは驚きを隠せなかったことでしょう。レッドソックスは動揺を隠しきれていないウェインライトを攻め立て、満塁からダスティン・ペドロイアのヒットで4-0とし、デイビッド・オルティーズが打席に立ちます。オルティーズはウェインライトの甘いボールを右中間のブルペンへめがけて大きなフライを打ち上げますが、ここで16年目にしてワールドシリーズ初出場のカルロス・ベルトランがフェンスにぶつかりながらも捕球しました。これは犠牲フライとなり1失点となったものの、ウェインライトはダッグアウトに頭をぶつけて以来、ようやく目を覚ましたように感じました。ただしこれはカーディナルスとベルトランにとっての「犠牲」フライともなり、フェンスにあばら骨を打ったベルトランはその後フィールドに戻ることはありませんでした

この第1戦、もしかしたらこのシリーズ全体がこの2イニングに凝縮されているかのうような印象を受けます。それも、レッドソックスがウェインライトを打ち崩したというより、カーディナルスが自滅した点があまりにも目立つ内容でした。多くのスポーツニュースのサイトを見ても、レッドソックスが勝利したこと以上に、カーディナルスがこの大舞台の序盤でミスを犯した事のほうが大きく取り上げられているように感じられます。確かにこれまでのワールドシリーズ第1戦でも、ミスを犯して負けたチーム、あるいはそこに乗じて勝利したチームはあるのですが、これほどまでにミスに対して焦点が当てられた第1戦は、正直なところ最近記憶にありません。もちろん、レッドソックス先発のジョン・レスターは素晴らしい投球でしたし、一方でウェインライトは3回以降の投球は素晴らしいものがありました。本来であればこの2人の投手戦で、どちらのチームが数少ない得点機会をモノにするのか、が楽しみなところであったはずです。それほどまでにカーディナルスの負け方は印象的なものになったと言えるでしょう。

ちなみに、ウェインライトが3回裏にレッドソックスを三者凡退に抑えた直後の4回表、カーディナルスは1アウト満塁で得点のチャンスを迎えましたが、デイビッド・フリースが併殺打に倒れました。そのような機会があったこと、ウェインライトの投球がそうした機会をもたらしたことは薄い記憶にすら残っていないことでしょう。同時にこの場面では、過去のワールドシリーズで大活躍をしたフリースが、体調面の影響もあり、今年のポストシーズンを通じて、攻撃でも守備でも過去のような働きができていないことが明らかになりました。カーディナルスはフリースをそれでも使い続けるのかどうかが鍵になりそうです。

9回表に出たマット・ホリデーの一発は、第2戦を前にしてカーディナルスの嫌な空気を吹き飛ばすことができるでしょうか。もしくは、QB不足に悩むセントルイス・ラムズがブレット・ファーブ獲得に動いた(そして失敗した)という、とんでもないニュースが、カーディナルスに浴びせられる冷たい視線を和らげることができるのでしょうか。一方、2004年のワールドシリーズから通算9連勝中のレッドソックスは、これまでどおりに戦えれば勝機があることが第1戦を通じてわかりました。第2戦はどのような光景が見出しを飾るのでしょうか。でも、それが落球やお見合いしている場面ではないことを祈りたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。