[半周遅れのスーパーボウル48 その1]New Normal

Seattle Seahawks stomp Broncos for Super Bowl win – NFL.com (2014.2.2)
Seattle Seahawks’ dominant defense: A frightening ‘new normal’- NFL.com (2014.2.3)
Kam Chancellor was most deserving of Super Bowl MVP honors | The MMQB with Peter King (2014.2.6)
Seahawks’ defense too fast, too furious for Broncos in Super Bowl – The Denver Post (2014.2.2)

第48回スーパーボウルから1週間が経過してしまいましたが、改めて振り返りたいと思います。

初のニューヨーク、それも寒空の下、屋外のスタジアムで行われるスーパーボウルは、いつものスーパーボウル同様、試合前から様々な予想がなされました。ペイトン・マニング率いるデンバー・ブロンコスのオフェンスは寒さの中でどれだけ機能するのか、というところから、スーパーボウル当日は大雪になるのではないかと、想像するネタには絶えないものでした。

いざ試合が終わってみると、全くもって予想外の結果となりました。一つ目は気温。マイナス10度以下をも記録したこの冬のニューヨーク(正確にはニュージャージーではあるけど)において、スーパーボウルの試合開始時の気温は、華氏49度(摂氏9.4度)でした。この時期のニューヨークの夜の気温としては、十分に暖かいものです。

そしてそれ以上に予想外だったことは、その試合内容でした。スーパーボウルの予想においては、願望も込めて接戦の結果を弾き出すものです。それがまさかの、シーホークスがブロンコスを圧倒した形での勝利するとは、シーホークスの勝利を予想した評論家ですら考えていなかったことでしょう。そのスコア43対8。マニングのオフェンスをもってしても、シーホークスのディフェンスをこじ開けることは、試合終了までできませんでした。

しかし、NFCプレイオフ第1シードのシーホークスは、AFCプレイオフ第1シードのブロンコスに対して、何か特別なことを仕掛けて勝利したのかというと、決してそうではありませんでした。特に、シーホークスのディフェンスは、マニングを抑えるためにごくごく当たり前なプレイで対応し続けました。それは、ディフェンスラインがマニングにプレッシャーを与え続け、LBやDB陣はマニングにパスを通させても、パス後のラン(いわゆる「ラン・アフター・キャッチ)を許さないことにありました。

マニングはこの試合において49回パスを投げて34回パスを成功させました。これはスーパーボウル記録です。しかし、スーパーボウルを見た後で人々の記憶にあるのは、マニングのパスの数ではなく、シーホークス守備陣がボールを持つブロンコスの選手に対して素早く集まる光景(swarm)であり、DB陣のハードヒットでした。それにより、10ヤードはブロンコスのオフェンスにとって長い距離となりました。1stクォーター早々に出たこのプレイは、この試合を象徴し、かつ残り時間を支配するものになったと思います。
2-7-DEN 38 (9:53) (No Huddle, Shotgun) 18-P.Manning pass short middle to 88-D.Thomas to DEN 40 for 2 yards (31-K.Chancellor).
このキャム・チャンセラーのハードヒットは、シーホークス守備陣のフィジカルさを表していました。このプレイについて、試合後、チャンセラーはこのように語っています。

まさにそのとおりだったと思います。ブロンコスのオフェンスは、これに怖気づくことはなかったにしろ、この試合を通じて、シーホークスの激しいヒット、ボールへの素早い集まりに悩まされ続け、かつ、そこに解決策を見出すことはできませんでした(後半、ブロンコスがこの試合唯一の得点となったTDを挙げたシリーズがありましたが、あのシリーズでは、シーホークスのディフェンスは、言葉は正しくないですが、本気を出していませんでした)。

でも、シーホークスのディフェンスはマニングに対して何かを合わせてきた様子には見えませんでした。チャンピオンシップからスーパーボウルまでの期間中の主役だったリチャード・シャーマンが、スーパーボウルの2日後、自分たちはマニングのパスルートを読むことができていたと発言しましたが、それが本当だとしても、シーホークスのフィジカルなディフェンスは、いつもどおり(normal)なもの、もっといえば、FSのアール・トーマスがいうところの”new normal”だったと言えるでしょう。

01
* ブロンコスの80番 ジュリアス・トーマスのパスキャッチ後、1stダウンを許さなかったシーホークスディフェンス

一方、そのディフェンスの活躍に見過ごされ気味のシーホークスのオフェンスもまた、マニングへの正しい対処法を備えた上で試合の主導権を握りました。これもまた、特に変わったプレイを仕掛けたわけではありませんでした。シーホークスは、思いもよらぬ形で試合開始早々に2回も攻撃権を得ることになりましたが、その2シリーズにおいて、シーホークスは10分40秒に渡りボールを保持し続けました。特に2回目のドライブでは、QBラッセル・ウィルソン率いるオフェンスが効果的に3rdダウンを更新し続けたことが大きかったと言えます。特にこのパスは、マショーン・リンチのランやウィルソンのスクランブルあるいはショートパスを警戒して、前のめりになっていたブロンコスのディフェンスの心を挫くのに効果的でした。そして、ウィルソンのパスのコントロールもまた素晴らしい物がありました。

3-5-DEN 43 (4:26) (Shotgun) 3-R.Wilson pass deep left to 89-D.Baldwin to DEN 6 for 37 yards (24-C.Bailey).
Super Bowl XLVIII - Seattle Seahawks v Denver Broncos

この展開は、AFCチャンピオンシップにおいてマニングがニューイングランド・ペイトリオッツのトム・ブレイディに対して行ったことと重なります。この試合、特に後半最初のドライブはその象徴と言えますが、マニングはペイトリオッツへ攻撃権を与えないような形でオフェンスを展開していきました。その結果、例えば3rdクォーターにおいては、ブレイディはその2/3をサイドラインのベンチに座って試合展開を見るか、肩慣らしのキャッチボールをするしかありませんでした。スーパーボウルでは、ウィルソンがマニングに、マニングがブレイディに取って代わりました。

しかし、さらにすごいと思ったのは、後半のシーホークスのオフェンスが全く手を緩めなかったことです。あの試合の流れを考えた場合、ランで時間を稼ぎながらある程度前へ進ませて、最低でも3点、うまくいってTDを取りに行ってもおかしくありませんでした。特に後半のキックオフで、パーシー・ハーヴィン(試合前半のリバースプレイを含め、この試合で攻撃陣のキープレイヤーとなりました)がリターンTDを決めて、得点差を広げたこともありました。それでも、シーホークスは心身共に疲れきったブロンコスのディフェンスを手玉に取り、TDを重ねていきました。

この試合では、シーホークスの素晴らしいところだけがニューヨークのネオンに照らし出さました。鮮やかなほどの圧勝、接戦になる瞬間は全くない、シーホークスはシーズン最後にして最高の試合、そしていつもどおりのことをしっかりと行うことができました。
Spokesman Review 20140203

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。