[MLB短評]評決前夜

Hall of Fame Tally on Bonds and Clemens Will Offer Verdict on Steroids – NYTimes.com (2013/1/5)
Exercising my right not to vote | Cincinnati.com (2012/12/31)

現地時間の1月9日、アメリカ・クーパースタウンの野球殿堂にその名前を刻むことができる元選手が発表されます。全米野球記者協会(BBWAA)の投票権を持つ記者による投票は、昨年末に締め切られました。

今回の殿堂入り投票では、バリー・ボンズとロジャー・クレメンスという「元」大選手が1年目の殿堂入りの資格を得ることが、昨年のこの時期から話題になっていました。どちらも現役時代に輝かしい成績を収めながらも、同時に使用禁止薬物との関わりが取りざたされて、実質的な現役引退後は汚れた過去を引きずっています。ボンズやクレメンスだけでなく、サミー・ソーサやラファエル・パルメイロといった、薬物使用と関わりのある「元」大選手は殿堂入りに値するのか、これは多くの議論を生み、同時にその結果は記者協会の「評決」に委ねられようとしています。

先月末、AP通信は協会員の記者100人にアンケートを取ったところ、ボンズの殿堂入りを支持する記者は45人、クレメンス支持は43人という結果が出ました。ニューヨーク・タイムズも同様のアンケートをより多くの記者を対象として行ったところ、ほぼ同じ割合の結果となったことです。それだけ、記者たちもボンズやクレメンスの取り扱いに悩んでいるということを示しています。ちなみに、クレメンスは薬物問題における議会証言での偽証罪に関して、無罪が確定しています(それと薬物使用の事実に関しては依然として不明)。それでも、ボンズとクレメンスにおいて差がないということは、一度でも薬に染まったのであれば、裁判所であってもそれをぬぐい去ることができないことを意味します。

そのような中、シンシナティの地元紙でレッズをカバーするジョン・フェイ氏は、今回に殿堂入り投票を郵送しなかったことを昨年の大晦日に表明しました。アメリカの殿堂入り投票権を持つスポーツ記者は、多くの場合自分は誰に入れる(あるいは入れた)のかを自らのコラムなどで説明することがありますが、フェイ氏は自ら投票を棄権したこと、フェイ氏の言葉では「判事にも陪審員にもなることをやめた」ことを認めました。フェイ氏は以下のように書いています。

From the BBWAA Rules for Election to the National Baseball Hall of Fame:

“Voting shall be based upon the player’s record, playing ability, integrity, sportsmanship, character and contributions to the team(s) on which the player played.”

I’m one of the eligible voters as a 10-year member of the Baseball Writers’ Association of America. I feel woefully unqualified to judge the “integrity, sportsmanship and character” of players in the steroid era.

その上で、直感として(gut feeling)「私は投票者としては終わった」と結論づけています。それならばなぜボンズやクレメンス以外の潔白な選手へ投票しないのかという疑問も浮かびますが、フェイ氏は「ステロイド時代の」選手たちに評決を下すことができないとしています。もはや、騙されたという気持ちのほうが強いのでしょうか。

これは2011年にライアン・ブラウンがMVPを獲得し、その後薬物使用の疑惑を持たれた時にも出た意見ですが(ブラウンは後に白判定となった)、薬物問題がややこしくなっているのは、メジャーリーグがその問題を解決しようと積極的にならなかったことであり、その正当性は記者たちによるMVP投票や殿堂入り投票に委ねられているからです。そもそも、野球賭博により球界追放されたピート・ローズは、幾度かの名誉回復運動がありながらも、殿堂の扉は閉ざされたままである一方、ホームラン数や奪三振数に嘘を付かせた可能性が高いボンズやクレメンスに対しては、ローズと同様の措置を取られていません。

そしてニューヨーク・タイムズの記事にあるように、記者たちも、自らの判断が歴史を作るより、時間がなんとかしてくれるかもしれないと自然な解決を望んでいるようです。

Bernie Wilson, an Associated Press writer who is based in San Diego and voted for neither Clemens nor Bonds, said: “The beauty of the Hall of Fame process is that candidates are on the ballot for 15 years. There’s always the possibility I’ll change my mind on Clemens and Bonds down the road. What’s the harm in making them wait?”

記者たちがここまで悩むのは、”Hall of Famer”はその人物に対して、その後一生において最上級の肩書きになるからです。ある意味、その人物を左右することを行う、正しく「評決」です。だからこそ記者の間でも彼らは殿堂入りにふさわしいかどうかという議論起こり、これからも続くことでしょう。しかし記者たちにとっては残念なことに、その明確な答えを出すのは、世論の空気以上に、やはり記者の投票にならざるを得ません。堂々巡りはいつまでも続きます。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。