Small Earthquake Rattles South Carolina, Georgia


広告

[MLB短評]First game, last game – ナショナルリーグ・ワイルドカード

Call of the Wild: Cards earn berth in NLDS – MLB.com (2012/10/5)
Infield fly ruling disrupts Cardinals-Braves Wild Card game | MLB.com: News (2012/10/6)
Bodley: Disruption caused by infield fly ruling will leave lasting impression | MLB.com: News(2012/10/6)
Chipper Jones on loss in his finale: ‘Ultimately I’m to blame’ | Jeff Schultz (2012/10/5)

メジャーリーグ初となるワイルドカード2チームによる1試合のプレイオフ、セントルイス・カーディナルス@アトランタ・ブレーブスは、様々な意味で歴史に残る試合となりました。試合後、カーディナルスのカルロス・ベルトランは1試合でのプレイオフに関して「どんなことも起こりえる(Anything can happen)」と話していますが、むしろいろんなことが起こりすぎた試合でした。

チッパー・ジョーンズは、この試合の重要性を他の誰よりも知っていました。ジョーンズはこの試合の前に、先取点を取ったチームがこの試合をものにするだろう、と語っていました。レギュラーシーズンの3連戦あるいは5戦制のプレイオフと違い、この試合でポストシーズンでの生死全てが決まるわけであり、先にモメンタムを奪った方がこの試合の主導権を奪うことができる、と考えていたのでしょう。この試合は大げさに言えばワールドシリーズの第7戦と同じだとも考えられます。

その意味では、2回表にカーディナルスのヤディアー・モリーナがライトに打ち上げた当たりを、ブレーブスのジェイソン・ヘイワードが獲ったシーンは、この試合の重要性を地で行くものでした。


そしてその裏にデビッド・ロスがレフトへ2ランホームランを放ち、ジョーンズが願っていた先取点をブレーブスにもたらしました(このとき、ロスはホームランの前の投球直前にタイムを要求し、受け入れられました。そのボールはストライクで、本来ならロスは三振になっていました)。

しかし、3回裏、4回表、4回裏の展開がこの試合を決めたといえるでしょう。そしてその中にこの試合が歴史に残るものになる要因が含まれていました。

3回裏、先頭打者で俊足のマイケル・ボーンがヒットで1塁に進みました。しかし2番打者のマーティン・プラドは犠牲バントができず結局三振。その後のヘイワードとジョーンズはフライとゴロで凡退しました。その間、ボーンは盗塁をする素振りもみせられず、ブレーブスのベンチも特段動く気配を見せず、カーディナルス先発のカイル・ローシを揺さぶることができませんでした。それは同時に、後の試合展開により埋もれてしまったことですが、ローシとモリーナのバッテリーがボーンをうまく1塁に釘付けしたことを評価すべきです。


文字通り「ワイルド」な試合の中で好投したカイル・ローシ

この回が試合の流れを変えました。ベルトランの何気ないライト前ヒットで始まった4回表は、マット・ホリデーの放った併殺を奪える3塁ゴロが、チッパー・ジョーンズの悪送球によりカーディナルスへモメンタムが一気に動きました。カーディナルスはこの回に3点を奪い逆転します。堅守で勝利を重ねてきたブレーブスは、この試合では集中力を欠く守備が目立ちましたが、その中でもこの悪送球は象徴でした。それを歴史的な悪送球にまで高めてしまったのは、この試合が現役で最後になったジョーンズがエラーをしたことでした。ジョーンズは試合後このようなコメントをしています。

There are a lot of guys in [the clubhouse] laying blame. But I kept my mouth shut because ultimately I’m to blame. That ball was tailor-made for a double play.


エラー直後のチッパー・ジョーンズ

この重い空気を抱えながら4回裏となりました。ブレーブスは1アウト1・3塁で得点のチャンスを迎え、打席にはアンドレルトン・シモンズが立ちました。シモンズは初球をバントしました。ゴロを捕ったローシは1塁へ悪送球をした、と思われましたが、シモンズは本塁-1塁ラインの内側を走り、守備妨害を取られアウトになりました。結局ブレーブスはこの回無得点で終わり、モメンタムを奪い取ることができませんでした。

そして、問題の8回裏を迎えます。ジョーンズは先月、1試合だけ行われるこのプレイオフについて「馬鹿げている」(stupid)と話して、1試合では審判によるミスジャッジ(blown call)で試合が左右しかねず、3試合制でのプレイオフを行うべきだと「予言」をしていました。

I think it’s more fair from a standpoint that anything can happen in one game – a blown call by an umpire, a bad day at the office … at least in a two-of-three-game series you have some sort of leeway.

まさかジョーンズはこのような事態が本当に起こるとは思っていなかったでしょう。ちなみにこのコメントは、NFLの代理審判が「あの」9月24日に行われたマンデーナイトの試合で物議をもたらすジャッジをする前に行われました。

このプレイオフの8回裏に起こったことは、正規のメジャーリーグの審判による判断でした。3点差を追うブレーブスが1アウト1-2塁の場面、シモンズがレフトとショートの間にフライを打ち上げました。しかしレフトのホリデーもショートのピート・コズマも取れずボールはフィールドに落ちました。1アウト満塁、ブレーブスは同点あるいは逆転のチャンスを迎えた、と思った瞬間にテレビに映ったのは、ブレーブス監督フレディ・ゴンザレスが監督に抗議するシーンでした。レフト線審のサム・ホルブルックがこのフライをインフィールドフライとしたため、打者はアウトになったのです。


マット・ホリデーとピート・コズマの間に落ちたこのボールはインフィールドフライ?

インフィールドフライというルールは、サッカーで言うところのオフサイドと同じくらい、野球のルールの中で最も複雑なものと言ってもいいものだと思います。しかしワンアウト満塁の機会を奪われた観客の怒りは非常にわかりやすい形で現れました。外野に様々なものが投げ込まれたため、試合は19分間中断となりました。そして、ホルブルックの一瞬の判断は、当然ながら物議を醸し出すものとなりました。長年メジャーリーグを取材するハル・ボドリーは驚きをもってこのように書いています。

There was an obvious miscommunication between Holliday and Kozma, and yes, the crowd probably played a role. They seemed uncertain who was actually calling for the ball.

But in 54 years of covering Major League Baseball, I’ve never seen the fly rule called when a fielder isn’t under the ball. The infield fly is a complicated rule, designed to prevent infielders from intentionally dropping a popup with more than one runner on base to perhaps get an extra out.

It wasn’t even close in this case. As Holliday charged in, Kozma, his glove outstretched, took a few steps back, deeper into the outfield.

一方で、元審判部長はすぐさまこのコールは正しいものだと表明し、試合後、ホルブルックは「再考の余地なし(no second guess)」と言い切りました。

オールスターとプレイオフ以外では線審が付かないメジャーリーグの試合において、レフトとライトの線審は慣れない位置からのジャッジを行うことになります。この試合はプレイオフにおいてビデオリプレイの使用範囲を拡大へと動かすきっかけになることでしょう。しかしその場合には4人審判の下で行うべきという意見も出ています。



どれだけ監督があの場で抗議をしても、ブレーブスが試合後に抗議をしても、この判断は覆ることはありませんでした。ブレーブスは中断後に2アウト満塁の機会を得ますが、結局無得点で終わりました。ブレーブスは試合の流れを変えるきっかけを失いました。また、神も運さえも、試合のモメンタムを奪われた、あるいはそれを相手に与える形となってしまったブレーブスに対して味方にはなりませんでした。

そして9回裏2アウト、チッパー・ジョーンズは3人目の打者として現役最後の打席を迎えました。


最後の打席に立つチッパー・ジョーンズ

これで試合が終わるだけでなく、ジョーンズの現役そのものが終わることは多くの人が悟らざるを得ない状況でした。しかし、ジョーンズはセカンドゴロと思われた当たりで、しぶとく内野安打で出塁をしました。その後ヒットでジョーンズは長年守ってきた3塁まで進みましたが、何度も駆け込んできたホームベースを踏むことはなく、試合は終了しました。

試合後ジョーンズはあの8回裏のプレイが全てだったのではなく、それまでのミスが試合を決めたのだと考えるべきと、特に自らのエラーや攻撃での貢献の無さを含めて語っています。確かにあの8回裏の判断は、ブレーブスに動き始めた試合の流れを止めました。しかし、それまでの試合の中での一瞬一瞬の積み重ねがあのような場面を作らざるを得なかったのであり、その結果としてのフライボールだったのかもしれません。でも、このようなことを言えるのは、19年間多くの悔しさを味わってきたジョーンズだからこそだと思いますし、これを教訓にしてほしいというブレーブスの若い選手に向けた言葉のように感じます。

“Ultimately when we look back at this loss, we need to look in the mirror. That [infield fly] call is in kind of a gray area. I’m not willing to say that call caught us the ball game. Three errors cost us the ball game, mine being the biggest.

It just seems that play turned everything around, and that’s what I’m most disappointed in, Walking out of my last game, I certainly didn’t want to go [1 for 5] and make a play that losses a season. But that’s something I’ll have to deal with in the days to come.”

昨年ブレーブスは9月下旬の失速により、162試合目にしてプレイオフの枠をカーディナルスに奪われました。今年、ブレーブスは163試合目とも言える直接対決でカーディナルスの前に敗れ去りました。この試合はジョーンズの、そしてブレーブスの望まない形での結果となりました。同時に、昨年のブレーブスやレッドソックスの敗退を見て、すぐさま鳴り物入りで新制度を導入したメジャーリーグにとっても、その初戦は最も望まない形で注目を浴びるものになりました。

[MLB短評]野球と誤審とビデオテープ

Braves walk off in 19th on controversial call (MLB.com)
What does replay solve? (FOX Sports)
Leave Meals — and replay — alone (MLB.com)
Time to expand replay … but be smart (MLB.com)
【MLBコラム】誤審はベースボールの人間的要素の一つである (J Sports)

7月上旬、アトランタ・ブレーブスのチッパー・ジョーンズは審判の一貫性を欠くボール/ストライクの判断に対して、「審判のレベルは平均以下だ」と言い放ちました。フレディ・ゴンザレス監督もその意見に同調します。さすがにジョーンズは大人げないことをしたと気づいたのか、すぐに発言したことに対して謝罪をしました。

ジョーンズが遭った「誤審」は、それにより試合の流れが変わるほどのものではなかったため、ジャッジよりもジョーンズの発言が目立つ格好となりました。皮肉にも、そのブレーブスが同じ月の下旬、審判の誤審により延長にもつれ込んだ重要な試合で勝利を収めました。プレイオフ進出のためには負けが許されないブレーブスは、僅差で地区首位に立つパイレーツを地元に迎えました。3回以降3-3の同点で続いたこの試合で決定的なシーンは延長19回という途方も無いイニングにまで達します。最後の打者が代打として出た投手のスコット・プロクターだったことからも、総力戦であったことがよくわかります。プロクターは1アウト2-3塁の場面で前進守備のサードへボテボテのゴロを打ち、3塁走者のフリオ・ルーゴがそれでもホームへめがけて走る、そしてボールはランナーよりもずっと早くホームへ返球される、それを見た誰もが2アウトになったと思ったはずです。

しかし、主審のジェリー・ミールズにはそう見えませんでした。それは6時間以上もホームプレートの後ろに立っていて、判断が鈍ったわけではないのでしょう。ミールズには、パイレーツの捕手で試合開始からずっとプレートを守っていたマイケル・マッキーニーのタッチがいわゆる「追いタッチ」となり、ミットがルーゴにかすりもしなかったと判断しました。ある選手の発言を借りれば、それは「直感的」なものだったのかもしれません。

いずれにしても、これによりこの重要な試合は終わりました。パイレーツのクリント・ハードル監督の猛抗議は虚しい物になりました。そしてビデオリプレイ導入の議論がふたたび始まりました。これがプレイオフ争いをしていないチーム同士の試合であれば、それほどの騒ぎにならなかったはずです。しかし、プレイオフ進出が掛かるチームと、18年ぶりの勝ち越しどころか地区優勝が掛かるチームでの試合で起こった誤審(一晩あけ、ミールズも誤審であることを認めた以上、これを「誤審」と呼ぶのも差し支えないないでしょう)であったことが重要だと思います。

一方で特にアメリカの野球界では、ビデオリプレイ導入に関しては否定的な意見が多いのも事実です。誤審も野球の要素の一つという考えが根強いのです。通常期でも引き分けがある日本のプロ野球と違い、絶対に引き分けを認めないくらい白黒をはっきりさせるメジャーリーグにおいて、後から議論が生まれる誤審については寛容なのは何だか納得できないのですが、そこには「人は間違いを犯す動物」という野球を超えた考えがあるのでしょう。

同時に野球は他のスポーツと違い、審判が判断を迫られるプレイが多く、ホームランの判断以外にもリプレイがなし崩し的に導入されると、どこでそれをしないのかという線引きがわからないということもあるようです。そのため、導入賛成派であっても、今回のような得失点が絶対に絡むホームベース上でのプレイに関してのみリプレイを導入すべきという意見があります。

現状では、誤審をした審判はミールズにしろ昨年のジム・ジョイスにしろ、その名前はずっと残ることになります。ビデオリプレイにより誤審が覆れば、そうした審判は汚名を被る必要がなくなるかもしれません。しかし目の前のプレイのジャッジも、ビデオリプレイでの判断もどちらも人間の目線で行われることを忘れてはなりません。NFLではビデオリプレイ(コーチによる異議申し立てのチャレンジシステム)が導入されていますが、「判断を覆すに足りる証拠がない」という理由でジャッジが覆らないこともよくあります。結局のところ、ビデオは5人目の審判でも人間の目の代わりではなく、あくまでも証拠の補強材料のひとつにしかなりえないことも理解すべきでしょう。

8月8日からコミッショナー主催の運営会議が開かれます。このときにビデオリプレイの拡大が議論されるのは必死でしょう。しかし拡大の有無に関わらず、最終的な判断が人間によってのみ行われる以上「誤審も野球の要素」という事実は消えません。その点は絶対に誤って考えてはいけない点です。むしろ人々が期待するのは、誤りを犯した後の対応の良さにあるのだと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。