Bryce Harper returns with a flourish as Nationals smash Brewers


広告

Nationals getting hurt as Braves are getting better

Bryce Harper leaves game with bloody neck after running into outfield scoreboard

[MLB短評]Stras Test

Nationals ace Stephen Strasburg’s final start of 2012 to come Sept. 12 | MLB.com: News (2012/9/2)
Johnson on Strasburg: ‘I know how he feels’ | MLB.com: News (2012/9/3)
Strasburg shutdown? Nats can still be a playoff powerhouse – The Washington Post (2012/9/3)
Chris Sale, Stephen Strasburg on different rest regimens – Cliff Corcoran – SI.com (2012/8/12)
Mike Bauman: Stephen Strasburg shutdown shows Nationals’ faith in franchise | MLB.com: News (2012/9/4)
Cal Ripken and Michael Wilbon on Strasburg – DC Sports Bog – The Washington Post (2012/9/5)

アメリカでは、9月の第1月曜日に当たる「レーバーデー」(労働者の日)が夏の終わりと考えられています。その日を前にして、ひとつの議論に終止符が打たれました。それはワシントン・ナショナルズのスティーブン・ストラスバーグの今シーズンの「労働」が現地時間9月12日をもって終了するというものでした。

今シーズンのはじめから、ナショナルズはトミー・ジョン手術明けのストラスバーグに対して1シーズンに対して160-180イニングという投球制限を与えることを明言していました。ナショナルズは今シーズン初めて開幕からローテーションに入るストラスバーグ活躍の恩恵を受けています。それでも、ナショナルズはストラスバーグが、例えばマーク・プライヤーのように、若くして故障を抱えてその能力を活かせないまま終わるスーパースターで終わってほしくないと願っています。その方がチーム強化にも、そしてもちろんビジネス面でも割が合うからです。

この問題はシーズン中ずっと議論がなされていました。それはストラスバーグ(2012/9/2までに156回1/3で投球)がそれだけの議論に値する選手だからだけでなく、非常に負けん気の強い(ultra-competitor)ストラスバーグがこのチームの方針に反対をしていたからです。カル・リプケンは、チームは理性的(rational)な判断をしているとは思うけど、ポストシーズンへ進出できるかどうかは貴重な機会でもあるとしたことで、このように述べています。もしかしたら、今のストラスバーグはリプケンの意見に同意するかも知れません。

If it was me, if I was Stephen Strasburg, I’d be making a lot of noise, saying, ‘I’m pitching.

デービー・ジョンソン監督は9月2日にストラスバーグの最終登板日を明言した翌日、GMのマイク・リゾー、投手コーチのスティーブ・マッカーシーと共にストラスバーグとこの件について話し合い(a nice little conversation)をしました(話し合い、というよりは言い渡しに近いのだと思いますが)。そのときですら、ストラスバーグは「恐らくこの決定に納得していない」様子だったと監督は語っています。そして、監督はこのチームは1回きりのプレイオフ進出を果たすためのチームではなく、それが今後も続くように作られているチームであることを以下のように述べ、自らとチームは「正しいことを行った」(right thing to do)と語っています。ストラスバーグはその中でも核をなす選手だということです。

The way I look at things, the job that the [team owners, the Lerner family] and the front office have done building this organization, I don’t look at this as the only chance you’re going to get to be in the postseason, the World Series. This team wasn’t just piecemealed together for one year. It was built to last, and we’re trying to make sure it lasts.

もともと先発投手に1回付き100球前後を目安としていることが多く、投手を大事に使い傾向がまだ強いメジャーリーグにおいて(テキサス・レンジャーズはノーラン・ライアンが社長になって以降、投手を多めに投げさせることで投手力を強化してきましたが)、ナショナルズの方針には理解を示す向きもありました。一方で特にシーズン当初、ナショナルズはストラスバーグを9月に必要とすることになるので、そのような制限を設けることは馬鹿げているという意見も多くありました。ストラスバーグのチームメイトも、チームの方針に対して反対の声が多く聞かれました。

しかしナショナルズがナショナルリーグのイーストで2位に対して圧倒的なゲーム差で付けるようになったことで、ストラスバーグを休ませるという方向性がより明確になりだしました。皮肉なことに、ストラスバーグがここまで15勝挙げたことが、ナショナルズが躊躇なくストラスバーグを休ませるという決断に至ることができたとも言えます。その上、今シーズンのナショナルズにはストラスバーグ以外にもジオ・ゴンザレス、ジョーダン・ジマーマン、エドウィン・ジャクソン、ロス・デトウィラーなどという強力な先発投手陣を抱えています。多くのナショナルズの選手がストラスバーグ起用法に反対する中、チームの中心的役割を果たしているライアン・ジマーマンは、チームが選手の健康面を優先していることに理解を示し、「ストラスバーグはエースではあるけれでも、このチームは他にも素晴らしい先発投手陣を抱えており、十分にプレイオフ戦うことができる」という理由で、チーム方針に支持を示しました。

ちょうど同じ頃、ワシントン・ポストも、ストラスバーグは投げ続けたいという気持ちはわかるけれども、ナショナルズのストラスバーグに対する方針を支持するという社説を掲載しました(世界的な新聞であるワシントン・ポストとはいえ、ワシントンの地元紙ではあるので、ローカル紙が地元チームの施策について社説でものを言うということは珍しいことではありません)。

Saving Stephen Strasburg’s health – and the Nationals’ future – The Washington Post (2012/8/21)

今回のストラスバーグとナショナルズを巡る議論は、目の前の優勝をするための選手起用を選ぶか、それよりも今後数年間チームを担うことができる、若くて有能な選手の健康維持に主眼を置くか選択だったと言えます。ただし、ナショナルズが幸運だったのは、チームがプレイオフ進出がほぼ確定に近く、他の先発陣だけでもポストシーズンを戦うことができる状態だったということです。もしナショナルズがプレイオフ争いまっただ中だった場合でも、チームはストラスバーグの投球制限をきっちり守ったかというと、それはどうでしょう?そういうときこそ、ストラスバーグの力が必要であり、恐らく投球制限などとは言えなかったはずです。その点で、ナショナルズは「嬉しい悩み」に直面したと言えますし、それ以上にストラスバーグという素晴らしい選手を持つことができる嬉しさがあると言えます。

この問題は今後同様の投手が出てきた場合に必ずしも当てはまることもなく、かなり特殊な状況だと考えるべきでしょう。それだけ、ストラスバーグは特殊な選手だという証明です。しかし今後、ナショナルズはストラスバーグ抜きでも今年のプレイオフを勝ち残れること、そして今後数年間、しっかり温存したストラスバーグを擁して黄金時代を築くことができることを証明する番だとも言えます。

[MLB短評]That’s a emotional question bro.

No clowning around: Harper, Nats stop slide | MLB.com (2012/8/29)
Harper’s emotions lead to first career ejection | MLB.com: News (2012/8/30)
Hayhurst: Harper’s ego could be problematic – sportsnet.ca (2012/8/30)

一時期のプロ入り初のスランプを経て、ワシントン・ナショナルズのブライス・ハーパーはまた調子を取り戻しつつあります。それを証明したのが現地8月29日の対マーリンズ戦での、自身初の1試合2ホームランでした。これにより、ハーパーはプリ入り後10代でのホームラン数において、ミッキー・マントルを追い抜きました。さらに現地30日の対カーディナルス戦でも第一打席にホームランを放っているので、現時点では15本です。

しかし、この日ハーパーはもうひとつプロ入り初の出来事を、試合終盤に体験しました。9回表、無死ランナー1塁で打席にたったハーパーは、1塁へゴロを放ちました。マーリンズのファースト、カルロス・リーは二塁へ送球してまず1アウト、その後ボールが1塁へ戻ってきたとき、ハーパーは「アウトはひとつだけだ」と思ったにもかかわらず、塁審のCB.バックナーはアウトのコール。その瞬間、一塁を駆け抜けたハーパーはヘルメットを地面に投げつけました。その場所はちょうどバックナーの目の前でした。そして即時にハーパーはバックナーにより退場を言い渡されました。

正直なところ、これで退場なのかという意見はあって当然です。あのような場面でヘルメットを投げつけることはよくあることだし、特に、三振に苛立ちバットをへし折ったことがあるくらい感情をあらわにするハーパーであれば、くやしさのあまりやりかねない行動です(ちなみにハーパーがバットをへし折ったときには退場にはならなかった)。

一方で、この退場劇はまだ19歳のハーパーの精神面での成長を危惧する声が高まりつつあることを改めてしらしめることになりました。もともとハーパーは、最近のいろんなスポーツの若い選手同様に、謙虚さよりも自己顕示欲が高い選手です。そこから生み出されるエゴが最終的にハーパー自身を苦しめるのではないかというのです。

ナショナルズのデービー・ジョンソン監督は、ハーパーがアウトになり退場を言い渡されたとき、バックナーの元へ抗議をしに行きました。試合はその時点でナショナルズ勝利がほぼ決まりかけており、あの併殺で試合が左右される展開ではありませんでした。それでも監督して納得のいかないコールだったのは確かです。同時に、ハーパーの行動もまた監督としては納得いかないものでした。試合後、監督はハーパーと直に話をしました。ジョンソンはそのときのことをこのように話しています。

It was done, and he’s wrong in doing that. He’s wrong in breaking his bats. He’s wrong in throwing his helmet down in frustration. It’s just, like I say, [he’s a] 100 percenter. He’s full bore. When he doesn’t like the outcome, he shows it off that way. It’s just a learning experience. He’ll be fine. I’m not worried about him

ハーパーはまだ経験から学んでいるところというのは、そのとおりでしょう。それだけハーパーはまだ未熟(immature)なのだと思いますし、そのことは監督やライアン・ジマーマンなど周囲の選手も理解しています。中には、ナショナルズが勝利を重ねているから、選手たちはハーパーのエゴを耐えることができているという意見もあるようですが、決してそういうことはないでしょう。むしろ、周囲はハーパーの行き過ぎた性格面が暴走しないようにしつつも、ハーパーのハードなプレイを理解しているのだと思います。

この試合は、ハーパーにとっては初めて1試合2ホームランを放ったことより、初めて退場を食らった試合として記憶されることでしょう。過去にも自分自身の性格が仇になり、素晴らしい実力を持ちながらもキャリアを棒に振ったスポーツ選手はこれまでにも何人も出ています。ハーパーは自分もその仲間入りしかねなかったところを19歳で気づかせてもらったことに、むしろ感謝すべきなのかも知れません。ハーパーは試合後このように語っています。

I just need to stop getting [ticked] off and just live with it, and there’s nothing you can change. I just need to grow up in that mentality a little bit. Try not to bash stuff in and things like that I’ve always done my whole life, and those need to change.

これまで周囲がいろいろと騒ぎ、自らも自身のすごさを顕示してきましたが、結局のところ、ハーパーはまだ成長途上の選手です。チームとハーパー自身が、体力面、技術面だけでなく精神面での成長をどれだけ図っていくことができるかが重要なように思います。

[MLB短評]夏の西高東低

Trade deadline underscores game’s westward power shift [SI.com]

先週末、ハンター•ペンスやシェーン•ビクトリーノはまだフィラデルフィア•フィリーズの一員としてプレイしていました。今月に入り、ふたりは西海岸のチームに移動し、かたやサンフランシスコ•ジャイアンツ、もう一方はロサンゼルス•ドジャーズの一員として、今シーズン、フィリーズでは成し遂げられないであろう目標に向けてプレイしています。

毎年7月の終わりが近づくころ、メジャーリーグの各チームのGMはトレード期限を控え眠れない日々が続きます。かつて、この期限で話題になるのは、決まって東海岸の人気と伝統のある2チームが誰を獲得するのか、でした。しかし今年のトレード期限が終わりわかったことは、あからさまと言えるほどの西高東低でした。

もちろん、その最中でも東海岸のヤンキーズは手薄な外野を厚くするためにイチローを獲得しましたが、今年に限るとヤンキーズはほぼ動かなかったに等しいです。それどころか、ヤンキーズ以外の東部のチームの多くは慣れない売り手に回らざるを得なくなりました。それは、レッドソックスがケビン•ユーキリスをトレードに出したのがすべての始まりだったのかもしれません。トレード期限が近づくと、メディアはレッドソックスはジョシュ•ベケットも出すのではないかとも噂しました。ペンスとビクトリーノを出したフィリーズは、ハメルズ、ハラデイ、リーなどを抱えメジャー最高とも言われた先発投手陣からも、何人かが出されるのではないかと一時噂されました(ハメルズとは長期契約を締結)。

そして新スタジアムを建設し、シーズンオフに大補強をして優勝候補に推す評論家もいた、マイアミ•マーリンズは、一転売り手になりました。ホセ•レイエスやヒース•ベルを獲得し、アルバート•プーホールズ獲得のために準備していたあの時期は一体なんだったのでしょう?ショートを守るレイエスのために、チームは高い能力と複雑な性格を誇るハンリー•ラミレスにショートからサードへのコンバートを説得し、何とか了承を得ました。でもそれから半年もしないで、チームはラミレスをあっさり放出しました。ひと頃の成績を産めず、心機一転、ラミレスにとってもそれがよかったのかもしれませんが、マーリンズの一連の動きは、かつてのフロリダ•マーリンズ時代の叩き売りを彷彿とさせるとまで言われたほどです。

その一方でトレード期限に積極的な獲得の動きをしたチームの多くが「西側」に位置しているのは興味深いです。ちょうど、トレード期限前後にドジャースとジャイアンツ、テキサス•レンジャーズとロサンゼルス•エンゼルズがそれぞれ対決をしていたのも、このトレード戦線を熱くしたとも言えます。

ドジャースがラミレスを獲得したら、ジャイアンツは負けじとペンスを獲り、ドジャースはビクトリーノを獲得する、一方でエンゼルズがザック•グレインキーという名の翼を得れば、レンジャーズはライアン•デンプスターを獲りに行くきました。かつて東海岸で行われたような選手獲得のチェスマッチが今やアメリカの西部で行われたのです。

ちなみに、もっと狭い地域内でも西高東低の動きは見られました。ペンシルバニア州では東にあるフィリーズがここのところ圧倒的に強く、西のピッツバーグにあるパイレーツは、どうしようもない成績を収め続けていました。しかし少なくとも今年はパイレーツの年です。フィリーズが誰を出すか悩む中、パイレーツは先発投手のワンディ•ロドリゲスを獲得しました。

21世紀の初めのメジャーリーグは、一部の例外を除き圧倒的に東海岸の時代でした。ワールドシリーズにはヤンキーズか、レッドソックス、レイズ、マーリンズやフィリーズなど、イーストディビジョンのチームが出場していました。特に東海岸のチームは大きな市場を抱え、豊かな資金力を活かしていました。

しかし選手の世代交代が進むと共に、まるでアメリカの発展の歴史をなぞるかのごとく、メジャーリーグの重心も西へ動きました。昨年、一昨年とワールドシリーズはミシシッピー川の西側で行われています(セントルイスのブッシュスタジアムは川のすぐ西側!)。その動きがこの夏のトレード戦線にもはっきりと反映されました。莫大なテレビ放映権料を活かしたレンジャーズやエンジェルズ、オーナーが代わり安定的な経営をできるようになったドジャースなど、チームの強さだけではない要素も、パワーシフトを助けているようです。

8月になり、ウェイバーを除いて、選手の移籍も一段落着いた格好です。ワールドシリーズへの戦いはフロントオフィスのチェスマッチから、選手と監督同士の総力戦に変わりました。10月になったとき、西高東低の天気図はまだ強いのか、それともヤンキーズや、トレード期限に比較的派手な動きをしなかったワシントン•ナショナルズやシンシナティ•レッズなどがそこに楔を打つのか。ワールドシリーズを狙うチームにとり、長いレギュラーシーズンの本当に長い時期が始まったところです。

[MLB短評]Fun Vote


Darvish leads AL vote; Chipper replaces Kemp | MLB.com: News
ダルが監督推薦されなかった深~い理由…米球宴(夕刊フジ) – goo ニュース

今年も7月第2火曜日、メジャーリーグのオールスターゲームが近づいてきました。いつも思うのは、オールスターは試合よりも試合前のほうがずっと盛り上がってる印象を受けるということです。特に最近のオールスターは投手戦になりやすいため、試合そのものは見応えはあっても試合中は意外と静かな展開が多いように思われます。

オールスターの全体のファン投票は6月中に全て終了し、監督推薦の選手も発表となりました。こうしてどの選手をオールスターで観たいかと考えながら票を投じることがオールスターの楽しみの一つです。そして現在行われているのが、各リーグから最後の一人を選ぶFinal Voteです。各リーグから選ばれた5人の選手は、どの選手も監督推薦で選ばれても全く不思議ではないのですが、各チームは彼らが最後の1枠に入るための選挙活動を活発化させています。特に今年のナショナルリーグのFinal Voteでは、全米中が約20年間その活躍を見続け、約100%今年が最後のオールスターの出場機会を得られるかもしれないブレーブスのチッパー・ジョーンズと、全米中が今の、そしてこれからの活躍を観てみたいナショナルズのブライス・ハーパーが5人の中に含まれました。こうした選手を5人に入れることで、よりオールスターへの注目度を高めるのも、メジャーリーグらしい戦略だと思います。

※このブログを書いている最中に、チッパー・ジョーンズがドジャーズのマット・ケンプの代役としてオールスターに選ばれたとのニュースがありました。

Chipper picked to join NL All-Star roster| MLB.com: News

その中で気になったのは、ダルビッシュ有がこのFInal Voteに入ったことです。今年のアメリカンリーグの監督はレンジャーズのロン・ワシントンが務めますが、ワシントン監督はあえてダルビッシュを監督推薦ではなくFinal Voteに回したのではないかという考えが産まれても不思議ではありません。もともとダルビッシュは「自分はオールスター選出にはふさわしくない」と謙遜気味なコメントを残していますが、ワシントン監督はダルビッシュのコメントに反して、レンジャーズのローテーション等を考えて予めオールスターのロースターから外したというより、ダルビッシュをこのように目立つ場所に置くことが目的だったのかもしれません。レンジャーズのFacebookでもここまで取り上げてもらえるのです。

そしてこれはメジャーリーグにとっても嬉しい動きでもあります。想像に容易いことですが、通常のファン投票と違い、メジャーリーグはFinal Voteによって日本からのダルビッシュ票を期待でき、メジャーリーグのオールスターで唯一の日本人選手として日本からの試合そのものの注目度を集めることができます。別にリーグ側がワシントン監督に「ダルビッシュを監督推薦しないように」と促したとは言いませんが、メジャーリーグはワシントンに感謝すべきかも知れません。

もうひとつおもしろい動きは、Final Voteに向けて各リーグのチーム同士で「同盟」を結んでいる点です。かつては既にオールスターに選出された選手が、自分のチームにいるFinal Vote候補の選手向けの選挙活動をがんばって行い、票を集めていました。それももちろん行われていますが、それに加えてチーム間の同盟を結んで、より一層票を集めようとしています。例えば、首都圏内にあるオリオールズとナショナルズは、ジェイソン・ハメルとブライス・ハーパーという両チームの選手への投票を促すための運動を行っています。ただ、

ただし、ナショナルズのデイビー・ジョンソン監督はこのような運動があるのを知らないのか、このようなコメントをしてブレーブスのジョーンズへの選挙運動を支援しています(これはジョーンズがオールスターに選ばれる前のコメント)。

オリオールズとナショナルズ以外にも、レンジャーズとダイヤモンドバックスは同じウェストディビジョンのチームで、ダルビッシュは日本から、アーロン・ヒルはトロントからアリゾナに来た(別にカナダ出身ではないのだけど)という共通点を見出して同盟を結び、ブレーブスとロイヤルズは、ロイヤルズのジョナサン・ブロクストンがジョージア州オーガスタ出身だからという理由で同盟を結んでいます。また、Final Voteに絡んでいないカブスまでもがこの動きに割って入り込もうとしています。ここまでくると単なるこじつけとしか見えませんが。

The Cubs do not have a Final Vote candidate, but they now play a role. That’s because the Cardinals and White Sox announced an alliance to back Freese and Peavy, citing “common interests — particularly as it relates to a certain baseball rival.” The governors of Illinois (Pat Quinn) and Missouri (Jay Nixon), both big baseball fans, even got into the act, each backing the candidates on the “Red, White & You ’12” alliance.

メジャーリーグのオールスターでは、試合の数日前から地元でさまざまな催し物が行われたりするなど、いかにして本番を盛り上げるかも見ていて楽しいものです。オールスター直前に行われるこのFinal Voteもその一環と見ることができます。日本ではオールスターのファン投票での「組織票」が問題になっているようですが、ファン投票、特にこのFinal Voteなんかは見方によっては「組織票」の最たるものです。でも、誰をオールスターに出すかをを選ぶこと自体を楽しもうとする考えがあってもいいのではないかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。