[2013ワールドシリーズ 第1戦] Miscue, Miscue

02

Boston Red Sox capitalize on St. Louis Cardinals’ miscues in Game 1 win | MLB.com: News (2013/10/24)
Precision tools: Lester’s gem, fast start power rout | MLB.com: News (2013/10/24)
Boston Red Sox pitcher Jon Lester clicks on all cylinders, A to Zane – ESPN Boston (2013/10/24)
Cardinals drop the ball in ugly World Series Game 1 loss to Red Sox – MLB – Tom Verducci – SI.com (2013/10/24)

97勝65敗という、リーグ最高成績を収めたボストン・レッドソックスとセントルイス・カーディナルスが戦う2013年のワールドシリーズは、試合前から絶対に最高のシリーズになるという声で埋め尽くされていました。両チームとも、成績だけでなく、強力な投手陣、抜け目の無い打撃陣、ミスの少ない守備、いずれの性格も似たチームだと言えるでしょう。それどころか、両チームは、どちらの街にとっても大きな事件-ボストンマラソンでの爆発事件と、スタン・ミュージアルの死去-の直後のポストシーズンで、ワールドシリーズまで上り詰めました。そして、両チームとも、リーグチャンピオンシップでは相手のミスを上手く活かした形で勝利を重ねてきました。カーディナルスは、ドジャーズのヤシエル・プイーグの2つの悪送球を、レッドソックスはタイガースのプリンス・フィルダーの中途半端な走塁をきっかけとして、地元で戦った第6戦でシリーズの決着をつけました。

しかし、最高のシリーズになるという期待を抱いてワールドシリーズ第1戦を見ての感想は、レッドソックスが勝ったというより、カーディナルスが負けたというべきものでした。それはカーディナルス先発、アダム・ウェインライトが最初の打者、ジャコビー・エルズベリーと対戦したときからすでに予言されていたようです。ウェインライトは試合前、ダッグアウトからグラウンドへ出る際に、頭をダッグアウトの天井にぶつけたそうです。それが影響したわけではないでしょうが、ウェインライトはエルズベリーに7球投じて、結局四球を与えました。これがすべての始まりだったのかもしれません。

その後、1アウト1・2塁の場面で、ショートのピーター・コズマの落球によるエラーが起こります。最初、このプレイはアウトと判定されましたが、レッドソックス監督のジョン・ファレルの抗議により、判定が覆りました。これはそもそも抗議が起こる前にセーフと判定されるべきプレイだったのですが、結果的には、ファレルはこの抗議により上手く試合の流れを掴み直し、決め球に悩むウェインライトの投球の調子を狂わせることもできました。レッドソックスはここから3点を奪います。
00

そして2回裏、ウェインライトとカーディナルスの内野陣は先頭打者のスティーブン・ドリューが放った高いフライボールを見失いました。これはエラー扱いにならなかったとはいえ、カーディナルスでは考えられないプレイが2イニング連続で出たことに、レッドソックス以外のファンは驚きを隠せなかったことでしょう。レッドソックスは動揺を隠しきれていないウェインライトを攻め立て、満塁からダスティン・ペドロイアのヒットで4-0とし、デイビッド・オルティーズが打席に立ちます。オルティーズはウェインライトの甘いボールを右中間のブルペンへめがけて大きなフライを打ち上げますが、ここで16年目にしてワールドシリーズ初出場のカルロス・ベルトランがフェンスにぶつかりながらも捕球しました。これは犠牲フライとなり1失点となったものの、ウェインライトはダッグアウトに頭をぶつけて以来、ようやく目を覚ましたように感じました。ただしこれはカーディナルスとベルトランにとっての「犠牲」フライともなり、フェンスにあばら骨を打ったベルトランはその後フィールドに戻ることはありませんでした

この第1戦、もしかしたらこのシリーズ全体がこの2イニングに凝縮されているかのうような印象を受けます。それも、レッドソックスがウェインライトを打ち崩したというより、カーディナルスが自滅した点があまりにも目立つ内容でした。多くのスポーツニュースのサイトを見ても、レッドソックスが勝利したこと以上に、カーディナルスがこの大舞台の序盤でミスを犯した事のほうが大きく取り上げられているように感じられます。確かにこれまでのワールドシリーズ第1戦でも、ミスを犯して負けたチーム、あるいはそこに乗じて勝利したチームはあるのですが、これほどまでにミスに対して焦点が当てられた第1戦は、正直なところ最近記憶にありません。もちろん、レッドソックス先発のジョン・レスターは素晴らしい投球でしたし、一方でウェインライトは3回以降の投球は素晴らしいものがありました。本来であればこの2人の投手戦で、どちらのチームが数少ない得点機会をモノにするのか、が楽しみなところであったはずです。それほどまでにカーディナルスの負け方は印象的なものになったと言えるでしょう。

ちなみに、ウェインライトが3回裏にレッドソックスを三者凡退に抑えた直後の4回表、カーディナルスは1アウト満塁で得点のチャンスを迎えましたが、デイビッド・フリースが併殺打に倒れました。そのような機会があったこと、ウェインライトの投球がそうした機会をもたらしたことは薄い記憶にすら残っていないことでしょう。同時にこの場面では、過去のワールドシリーズで大活躍をしたフリースが、体調面の影響もあり、今年のポストシーズンを通じて、攻撃でも守備でも過去のような働きができていないことが明らかになりました。カーディナルスはフリースをそれでも使い続けるのかどうかが鍵になりそうです。

9回表に出たマット・ホリデーの一発は、第2戦を前にしてカーディナルスの嫌な空気を吹き飛ばすことができるでしょうか。もしくは、QB不足に悩むセントルイス・ラムズがブレット・ファーブ獲得に動いた(そして失敗した)という、とんでもないニュースが、カーディナルスに浴びせられる冷たい視線を和らげることができるのでしょうか。一方、2004年のワールドシリーズから通算9連勝中のレッドソックスは、これまでどおりに戦えれば勝機があることが第1戦を通じてわかりました。第2戦はどのような光景が見出しを飾るのでしょうか。でも、それが落球やお見合いしている場面ではないことを祈りたいです。

広告

Closer implosions galore as Jose Valverde, Andrew Bailey lose jobs

NHL Playoffs: A hat trick from Patrick sends Blackhawks to the Final

FCC has no problem with Big Papi’s speech

This is Papi fashion of #bostonstrong

[短評]平穏までの1マイル

これは4月15日(現地時間)の午後、ボストン警察のツイッターに上げられた、ボストン・マラソンの模様を撮影したものです。4月の第3月曜日、マサチューセッツ州をはじめとしたアメリカの一部の州では”Patriot’s Day”として祝日となっていますが、ボストンにとっての”Patriot’s Day”とは、ボストン・マラソンを一大イベントとして祝う日です。このとき、警察は主に交通整理や、ちょっとしたトラブルのような不測の事態に備え、それぞれの持ち場で円滑なマラソンの進行に貢献します。そのはずでした。

この写真がツイッターにアップロードされる中、犯人の兄弟はゴール地点で圧力鍋で作った爆破装置と共に、「その時」を待ち構えていたのでしょう。世界的にも知名度が高く100年以上の歴史を持つ、平和なスポーツ大会の光景は、約90分後、おそらく歴史的になるであろう爆破事件により打ち砕かれました。そして犯人兄弟にとって、ゴール地点での混乱こそが自分たちが主役となるテロという「ゲーム」のスタートになりました。

59750_10151660882462577_156876452_n
その瞬間、交通整理にあたっていた警察官と、非番になっていた警官はテロとの戦いに入りました。また本来マラソンランナーの救護にあたるために設けられていたエイド・ステーションは、即座にトリアージとなりました。そしてあの爆破以来、ボストンは平和なアメリカ東部の街から、悲しみと恐怖の中で暮らすことを強いられる、アメリカで最も危険な街へと一変しました。この爆破事件により失われた命は3名でした(その後、最終的に犯人逮捕と射殺に繋がる銃撃事件でも犠牲者が発生しました)。しかし犠牲者の数ではすべてを推し量ることはできません。その衝撃は、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件や、9.11と全く変わらないものでした。それは、この事件が平和な祝日、それもアメリカに感謝をする祝日に行われる、平和なマラソン大会を、2つの爆破装置で悲しいできごとにしたからに他なりません。

ちなみに、この中で特に悲しかったのは、最初の犠牲者となった8歳のマーティン・リチャード君の話です。これは現地木曜日の午前中、オバマ大統領が追悼式典で、マーティン君が次のようなバナーを持って写真を撮ってもらったと紹介しました。

No more hurting people. Peace.

martin-richard-1-600
事件のとき、マーティン君のすぐとなりに犯人がいたと報道されています。その犯人には、マーティン君の願いは全くもって聞き入れられませんでした。

この事件の直後から、全米中がボストンを支援しようとする空気を包み込みました。その象徴のひとつが、事件の翌日にヤンキー・スタジアムで行われた試合で、“Sweet Caroline”が流されたことでしょう。

この曲は、ボストンを象徴するスポーツチームであるレッドソックスのホームゲームにおいて、8回表が終わると必ず流されます。それがボストンとレッドソックスを最も嫌う都市のチームのホームゲームで流されたのです。普段、レッドソックスとヤンキーズは罵り合う仲ですが、そうしたことができるのは、平穏な生活というものを基盤としていたことに気付かされました。あの事件を境に、それすら許されない状況となったのです。

Diamond happy ‘Caroline’ offers comfort – MLB – CBSSports.com (2013/4/19)

レッドソックスはPatriot’s Dayの昼間に試合を行い、爆破事件の直前に試合を終え、空港から遠征へ向かいました。爆破事件の後、最初に行われたボストンでのプロスポーツは、NHLのバッファロー・セイバーズ対ボストン・ブルーインズ戦でした。
bruindonhockey

For Boston, a time to heal, a time to play hockey – Sports – The Boston Globe (2013/4/18)

確かにTDガーデンへ入るには、セキュリティ上の問題により、通常よりも時間を要しました。それでも17,000人を超えるファンはこの夜最も安全な場所であるTDガーデンへ、いつものように地元チームを応援するために駆けつけました。いつもと同じことをする、それこそがボストンの市民にとってテロとの戦いに他ならなかったのです。この試合であるファンがこのようなバナーを掲げていたそうです。

“BOSTON’’ read one sign in the front row of the upper bowl, directly behind the net the Bruins defended in the first and third periods. “Beacon Of Strength That Overcomes Negativity.’’

そして、そのような力強さののろし(beacon of strength)を示すために行わた、試合前の17,000人を超えるファンによる国歌斉唱。映像を見るだけでいろいろなものが伝わってくることでしょう。

傷つけられたスポーツを癒すためのスポーツの試合が行われ、続いてオバマ大統領夫妻列席の元での追悼式典(Interfaith Service)が行われました。大統領が次のような力づい良い言葉で演説を締めくくり、ボストンは一歩ずつ前へ進みだそう、そのような空気が漂い始めました。

(T)his time next year, on the third Monday in April, the world will return to this great American city to run harder than ever, and to cheer even louder, for the 118th Boston Marathon. Bet on it.

しかしこの式典から約10時間後、ボストンはふたたび緊張に包まれます。それは犯人の兄弟にとって、爆破事件に続く力の誇示でした。それはまるでこの兄弟がFBIや警察に挑戦をしているかのようにも思えました。彼らは黙って逃げ回ることを選ばず、マサチューセッツ工科大学付近で発砲事件を起こし、大学の警官を射殺しまいた。一方で第一容疑者とされた兄も警察により射殺され、第二容疑者で、危険物を所持しているとされた19歳のジョハル・ツァルナエフが住宅街へ逃走しました。この1人を追うため、事件解明のために「生きた状態で」身柄確保するため、すべての捜査当局が総動員となります。すべての交通機関が止められ、ボストン市民に対して外出を控えるよう指示が出されるまでになりました。ボストン市民の心の支えになっていたスポーツの試合、レッドソックスとブルーインズの現地金曜日の試合は、早々に中止が発表されました。

img22106306

The games will go on, but Friday in Boston was no day to play – CBSSports.com (2013/4/19)

そして、タクシーやバスが動き出し、外出制限も解除され、極限の緊張感がゆっくりと緩みだした頃、ついにこの時を迎えました。

この瞬間、事件現場の近所からは歓喜の声があがりました。今までに経験したことがないであろう緊張感に縛られた住民たちは、静かに引き上げる警察や捜査関係者に対して感謝の念を開放感たっぷりに伝えました。
slider_cheer2
そのような中でも、ボストン警察は非常に冷静に、このようなことをつぶやいたのがまた印象的でした。

穏やかに晴れた平和な春の祝日「愛国者の日」で始まったボストンの2013年4月第3週は、その歴史の中で最も悲しく、「クリミナル・マインド」の中の世界をはるかに超える恐怖と緊張を強いられる1週間となりました。犯人が無垢な市民とマラソンランナーへ牙を剥き、ボストンだけでなくアメリカ中を震撼とさせる一方、さまざまな英雄的な行為も見られました。前者が非愛国的だとするならば、後者は愛国的と呼べるのかもしれません。しかし、そのような英雄的な行為ができるだけ少なく済むことこそが本来重要なのではないかと思います。そして、このような事件を通じてアメリカへの忠誠心の再確認と強化がなされることは良いことだと言える反面、そのことがこうした痛ましい事件を通じなければ達成できないという悲しいにも気付かされたように感じます。それこそがマーティン君の願いであり、彼は文字通り命を張ってそのことを主張しました。でも、今は事件解決に力を尽くしたすべての人たちを大いに祝うべき時です。

ボストンは絶望的なな恐怖と悲しみ、異常な平穏、異質な緊張感を経て、本来あるべきボストンに戻って来ました。この1週間は、ボストン史上最も長い1マイルでもありました。

Reports: Dead Boston bombing suspect hoped to box for U.S. Olympic team

Reports: Dead Boston bombing suspect hoped to box for U.S. Olympic team.

[MLB短評]夏の西高東低

Trade deadline underscores game’s westward power shift [SI.com]

先週末、ハンター•ペンスやシェーン•ビクトリーノはまだフィラデルフィア•フィリーズの一員としてプレイしていました。今月に入り、ふたりは西海岸のチームに移動し、かたやサンフランシスコ•ジャイアンツ、もう一方はロサンゼルス•ドジャーズの一員として、今シーズン、フィリーズでは成し遂げられないであろう目標に向けてプレイしています。

毎年7月の終わりが近づくころ、メジャーリーグの各チームのGMはトレード期限を控え眠れない日々が続きます。かつて、この期限で話題になるのは、決まって東海岸の人気と伝統のある2チームが誰を獲得するのか、でした。しかし今年のトレード期限が終わりわかったことは、あからさまと言えるほどの西高東低でした。

もちろん、その最中でも東海岸のヤンキーズは手薄な外野を厚くするためにイチローを獲得しましたが、今年に限るとヤンキーズはほぼ動かなかったに等しいです。それどころか、ヤンキーズ以外の東部のチームの多くは慣れない売り手に回らざるを得なくなりました。それは、レッドソックスがケビン•ユーキリスをトレードに出したのがすべての始まりだったのかもしれません。トレード期限が近づくと、メディアはレッドソックスはジョシュ•ベケットも出すのではないかとも噂しました。ペンスとビクトリーノを出したフィリーズは、ハメルズ、ハラデイ、リーなどを抱えメジャー最高とも言われた先発投手陣からも、何人かが出されるのではないかと一時噂されました(ハメルズとは長期契約を締結)。

そして新スタジアムを建設し、シーズンオフに大補強をして優勝候補に推す評論家もいた、マイアミ•マーリンズは、一転売り手になりました。ホセ•レイエスやヒース•ベルを獲得し、アルバート•プーホールズ獲得のために準備していたあの時期は一体なんだったのでしょう?ショートを守るレイエスのために、チームは高い能力と複雑な性格を誇るハンリー•ラミレスにショートからサードへのコンバートを説得し、何とか了承を得ました。でもそれから半年もしないで、チームはラミレスをあっさり放出しました。ひと頃の成績を産めず、心機一転、ラミレスにとってもそれがよかったのかもしれませんが、マーリンズの一連の動きは、かつてのフロリダ•マーリンズ時代の叩き売りを彷彿とさせるとまで言われたほどです。

その一方でトレード期限に積極的な獲得の動きをしたチームの多くが「西側」に位置しているのは興味深いです。ちょうど、トレード期限前後にドジャースとジャイアンツ、テキサス•レンジャーズとロサンゼルス•エンゼルズがそれぞれ対決をしていたのも、このトレード戦線を熱くしたとも言えます。

ドジャースがラミレスを獲得したら、ジャイアンツは負けじとペンスを獲り、ドジャースはビクトリーノを獲得する、一方でエンゼルズがザック•グレインキーという名の翼を得れば、レンジャーズはライアン•デンプスターを獲りに行くきました。かつて東海岸で行われたような選手獲得のチェスマッチが今やアメリカの西部で行われたのです。

ちなみに、もっと狭い地域内でも西高東低の動きは見られました。ペンシルバニア州では東にあるフィリーズがここのところ圧倒的に強く、西のピッツバーグにあるパイレーツは、どうしようもない成績を収め続けていました。しかし少なくとも今年はパイレーツの年です。フィリーズが誰を出すか悩む中、パイレーツは先発投手のワンディ•ロドリゲスを獲得しました。

21世紀の初めのメジャーリーグは、一部の例外を除き圧倒的に東海岸の時代でした。ワールドシリーズにはヤンキーズか、レッドソックス、レイズ、マーリンズやフィリーズなど、イーストディビジョンのチームが出場していました。特に東海岸のチームは大きな市場を抱え、豊かな資金力を活かしていました。

しかし選手の世代交代が進むと共に、まるでアメリカの発展の歴史をなぞるかのごとく、メジャーリーグの重心も西へ動きました。昨年、一昨年とワールドシリーズはミシシッピー川の西側で行われています(セントルイスのブッシュスタジアムは川のすぐ西側!)。その動きがこの夏のトレード戦線にもはっきりと反映されました。莫大なテレビ放映権料を活かしたレンジャーズやエンジェルズ、オーナーが代わり安定的な経営をできるようになったドジャースなど、チームの強さだけではない要素も、パワーシフトを助けているようです。

8月になり、ウェイバーを除いて、選手の移籍も一段落着いた格好です。ワールドシリーズへの戦いはフロントオフィスのチェスマッチから、選手と監督同士の総力戦に変わりました。10月になったとき、西高東低の天気図はまだ強いのか、それともヤンキーズや、トレード期限に比較的派手な動きをしなかったワシントン•ナショナルズやシンシナティ•レッズなどがそこに楔を打つのか。ワールドシリーズを狙うチームにとり、長いレギュラーシーズンの本当に長い時期が始まったところです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。