Longtime Astros ace Oswalt to retire after stellar career

Ultimate Astros; Roy Oswalt to retire as an Astro with Lance Berkman (2014/2/11)

広告

Rangers invite entire city of West, Texas to July game

[MLB短評]Spice Boys

Kevin Youkilis says he’s proud to be a member of the New York Yankees – ESPN New York (2013/2/15)
http://msn.foxsports.com/mlb/story/former-boston-red-sox-kevin-youkilis-says-heart-is-with-new-york-yankees-021513 (2013/2/15)
Los Angeles Angels’ Josh Hamilton says Dallas-Forth Worth ‘not true baseball town’ – ESPN Dallas (2013/2/19)

アメリカのスポーツ界でも屈指のライバル関係である、ボストン・レッドソックスからニューヨーク・ヤンキーズへ移籍した選手は、ベーブ・ルース以来これまでに何人もいます。そのリストに今年ケビン・ユーキリスが加わりました。ユーキリスは昨年6月末、惜しまれながらもレッドソックスからシカゴ・ホワイトソックスへトレードされた後、今年からヤンキーズの一員になります。

もともとユーキリスはヤンキーズの選手、特にジャバ・チェンバレンとの不仲の関係にありました。チェンバレンが何度もユーキリスに対してボールを当てたことがあるためです。それほどまでに、ユーキリスはヤンキーズにとって、そしてヤンキーズファンにとっての目の敵でもありました。

そのユーキリスがキャンプイン早々(2月14日)に、このような発言をしたことがヤンキーズファンの怒りを誘うのに十分なものになりました。

“I’ll always be a Red Sock. To negate all the years I played for the Boston Red Sox, and all the tradition, you look at all the stuff I have piled up at my house and to say I’d just throw it out the window, it’s not true. Those were great years in Boston. One bad half-year doesn’t take away from all the great years I had there.

この”always be a Red Sock”との発言は、ヤンキーズファンにとり何を言わんや、というところでしょう。

しかし、ユーキリスはいわゆる失言をしたわけではありません。ユーキリスはこの最初の文だけが独り歩きしていることを心配し、翌日にはこの発言が意味するところを説明せざるを得ませんでした。

I was basically defining that, as a player, I’ll be a Red Sox, and a White Sox, and a Yankee for life. Three storied franchises. I’m excited to be part of this, and be with the Yankees. ‘Trust me, there’s no way that was meant to say my heart is in Boston or anything like that. My heart is here with the Yankees.

そう、ヤンキーズのユーキリスは別にレッドソックスが恋しくあのような発言をしたわけではありません。かつてレッドソックスやホワイトソックスという歴史あるチームに在籍していたこと、そして今はやはり歴史あるヤンキーズに在籍していることへの喜びを語っただけです。

ただ、ヤンキーズファンはレッドソックス、ボストンという言葉に非常に敏感に反応します。それにメディアも少し乗っかったところはあるでしょう。それほどにヤンキーズとレッドソックスのライバル関係は歴史的にも強いものだと感じさせてくれます。

一方、長年続くライバル関係とは逆に、テキサス・レンジャーズとロサンゼルス・エンジェルズとのそれは比較的新しいものです。特にレンジャーズが優勝を狙えるパワーチームになって以降、その関係が一気に強くなりました。そして、2011年オフのC.J・ウィルソン、2012年のジョシュ・ハミルトンがレンジャーズからエンジェルズへ移籍したことが、ライバル関係を加速させたように感じます。

そのハミルトンが、ダラス・フォートワースの地元局とのインタビューに対して、「テキサスには熱心なファンがいるが、本当の野球の街ではなく、フットボールの街だ」と発言しました。さらにこう続きます。

They’re supportive, but they also got a little spoiled at the same time pretty quickly. You think about three to four years ago (before two straight World Series appearances in 2010 and 2011). It’s like, come on man, are you happier there again?

確かに3-4年前のレンジャーズのスタジアムでの試合を見ると、あの巨大なスタジアムを持て余すかの空席の多さが印象的でした。その後、いざチームが強くなると、あのスタジアムがローマのコロシアムに変わったかのような威圧感を帯びるようになりました。その意味では、ファンは”supportive”と言えます。しかし、ハミルトンは昨シーズン、絶好調だった前半とは対照的に、後半に調子を落とし、さらにオークランド・アスレチックスとのシーズン最終戦ではフライを落球し、ワイルドカード・プレイオフでもボルティモア・オリオールズ相手に抑えこまれました。

ハミルトンは数々の私的な問題を抱えながらもテキサスの地にやってきて、MVPクラスのチームへの貢献をし、レンジャーズの顔にまでなりました。そこにはレンジャーズのファンの助けが大きかったはずですが、昨シーズンの終盤に関していえば、レンジャーズとハミルトン、ハミルトンとレンジャーズファンとの間に隙間風が生まれました。こうした状況が、エンジェルズのハミルトンに「テキサスは野球の街ではない」という発言を産んだのかもしれません。

ハミルトンとエンジェルズは4月5日にアーリントンでレンジャーズと対戦します。ハミルトンはそのときにファンが複雑な反応を見せるのではないかと見ています。

It will be mixed feelings from the crowd. People who really get it will cheer and the people who don’t will boo. Either way, I’ll do what I got to do to help my team win.

ユーキリスとハミルトン両方に共通しているのは、どちらも間違った発言をしたとは考えていない点です。もちろん、ユーキリスのように誤解を生まないためにも詳しく説明する必要があったこともまた事実です。しかし、彼らは自身の思うことをそのまま述べただけであり、メディアはそれを取り上げただけです。これを失言かどうかと考えるのは受け手(つまりファン)です。

そして、まだシーズンが始まる前にも関わらず、こうした発言が両チームのライバル関係にスパイスを与えることは間違いないでしょう。

[MLB短評]新制度1年目

Anthony Castrovince: Clinches call for different celebrations | MLB.com: News

2012年のメジャーリーグのレギュラーシーズンが驚くような形で終了しました。

半年以上前、東京で開幕戦を行ったオークランド・アスレチックスは、初戦を落としたため、残り160試合において一度もディビジョン単独首位に立つことはありませんでした。しかし、アスレチックスは162試合目にして単独首位に立ちました。それはそのままディビジョン優勝を意味します。長い間首位に立っていたテキサス・レンジャーズは、13ゲーム差も、最後の試合での4点差も、安全なリードではないことを思い知らされました。レンジャーズは今シーズン前半、圧倒的な勝率で今年こそはワールドチャンピオン、ジョシュ・ハミルトンは間違いなくMVPと考えられていましたが、MVPはまず難しく、ワールドチャンピオンになるには1試合多く戦わなければならなくなりました。


今年からメジャーリーグではプレイオフ進出チームが1枠増えました。これは昨年の162試合目にあったタンパベイ・レイズとボストン・レッドソックスのプレイオフ争いに感化されたものなのでしょう。確かに勝率を基準に出場チームを決めるワイルドカード自体は悪い制度ではありません。むしろ、他のディビジョンにいれば優勝すらできたのに、というチームにも公平に出場機会を与える制度だと思っています(その点、5割を割っても3位ならば日本シリーズに出る可能性が与えられる日本のプロ野球のプレイオフ制度とは違う)。ただ、個人的にも、そして一部の声にも、一枠増やしたことは「救済策」ではないか、特にアメリカンリーグのイーストからプレイオフ進出できるチームを増やすための措置ではないかとも考えられていました。そのようなことをしなくても昨年の162試合目はあれだけ盛り上がったのです。

しかしいざシーズンを振り返ってみると、昨シーズンあと一歩でプレイオフを逃したレッドソックスにとって、プレイオフの枠がひとつ増えたことは全く関係ありませんでした。レッドソックスは今シーズン46年ぶりに最悪な結果となったばかりでなく、最後のヤンキーズとの3連戦を全て負け、オリオールズとヤンキーズとの「163試合目」をお膳立てすることすらできませんでした。そしてボビー・バレンタインは1年も経たないうちに監督職を追われました。

むしろ、プレイオフの枠がひとつ増えたにより、ディビジョン優勝の価値が上がったというべきでしょう。今年からのプレイオフのフォーマットでは、ディビジョン優勝のチームは自動的に最大で5戦行われるディビジョナル・プレイオフから戦うことができます。一方でワイルドカードでプレイオフ枠を獲得した2チームは、まず1試合のプレイオフを戦った後、ディビジョン優勝チームとの間で最高の勝率を収めたチームと戦います。それは、1試合でポストシーズンが終わる可能性がある、ということです。NFLのプレイオフでは、各カンファレンスの勝率上位2チームは、プレイオフ初戦を戦わずに済みます。メジャーリーグは、ディビジョン優勝チームにこれと似た効果を与えたかったものと考えます。

同時にそれは、プレイオフ進出を決めたからといって、そこで安泰してはいけない、あるいはもっと上を目指すべきということを各チームに警告したようにも思えます。レンジャーズはその罠に引っ掛かり、最後のアスレチックスとの直接対決で3連敗を喫しました。逆にヤンキーズとの直接対決が9月中旬で終わったオリオールズは、他力本願的に163試合目での逆転優勝を狙うべく戦ってきましたが、その希望は潰え、タンパベイからアーリントンへ飛んでレンジャーズとの対戦に挑みます。それでも、1997年以来のプレイオフ進出は目を見張るべきことです。

それでも、メジャーリーグはここまでの盛り上がりを予想しなかったはずです。同時に、多くの評論家もファンも、大金を使いチームの補強を行ったチームがことごとく162試合目を前にしてプレイオフ戦線から離脱するとも考えていませんでした。

新制度開始1年目にして、アスレチックスはこの恩恵に預かり、レンジャーズは想像もしない形で無駄に1試合多く戦わざるを得なくなりました。その喜びと落胆の感じは、両チームのFacebookのヘッダー画像にもくっきり現れているように感じます。

メジャーリーグのプレイオフは現地時間から金曜日に始まります。この1試合がポストシーズンを左右するような試合になるのかどうなのか、まずは楽しみたいと思います。

[MLB短評]夏の西高東低

Trade deadline underscores game’s westward power shift [SI.com]

先週末、ハンター•ペンスやシェーン•ビクトリーノはまだフィラデルフィア•フィリーズの一員としてプレイしていました。今月に入り、ふたりは西海岸のチームに移動し、かたやサンフランシスコ•ジャイアンツ、もう一方はロサンゼルス•ドジャーズの一員として、今シーズン、フィリーズでは成し遂げられないであろう目標に向けてプレイしています。

毎年7月の終わりが近づくころ、メジャーリーグの各チームのGMはトレード期限を控え眠れない日々が続きます。かつて、この期限で話題になるのは、決まって東海岸の人気と伝統のある2チームが誰を獲得するのか、でした。しかし今年のトレード期限が終わりわかったことは、あからさまと言えるほどの西高東低でした。

もちろん、その最中でも東海岸のヤンキーズは手薄な外野を厚くするためにイチローを獲得しましたが、今年に限るとヤンキーズはほぼ動かなかったに等しいです。それどころか、ヤンキーズ以外の東部のチームの多くは慣れない売り手に回らざるを得なくなりました。それは、レッドソックスがケビン•ユーキリスをトレードに出したのがすべての始まりだったのかもしれません。トレード期限が近づくと、メディアはレッドソックスはジョシュ•ベケットも出すのではないかとも噂しました。ペンスとビクトリーノを出したフィリーズは、ハメルズ、ハラデイ、リーなどを抱えメジャー最高とも言われた先発投手陣からも、何人かが出されるのではないかと一時噂されました(ハメルズとは長期契約を締結)。

そして新スタジアムを建設し、シーズンオフに大補強をして優勝候補に推す評論家もいた、マイアミ•マーリンズは、一転売り手になりました。ホセ•レイエスやヒース•ベルを獲得し、アルバート•プーホールズ獲得のために準備していたあの時期は一体なんだったのでしょう?ショートを守るレイエスのために、チームは高い能力と複雑な性格を誇るハンリー•ラミレスにショートからサードへのコンバートを説得し、何とか了承を得ました。でもそれから半年もしないで、チームはラミレスをあっさり放出しました。ひと頃の成績を産めず、心機一転、ラミレスにとってもそれがよかったのかもしれませんが、マーリンズの一連の動きは、かつてのフロリダ•マーリンズ時代の叩き売りを彷彿とさせるとまで言われたほどです。

その一方でトレード期限に積極的な獲得の動きをしたチームの多くが「西側」に位置しているのは興味深いです。ちょうど、トレード期限前後にドジャースとジャイアンツ、テキサス•レンジャーズとロサンゼルス•エンゼルズがそれぞれ対決をしていたのも、このトレード戦線を熱くしたとも言えます。

ドジャースがラミレスを獲得したら、ジャイアンツは負けじとペンスを獲り、ドジャースはビクトリーノを獲得する、一方でエンゼルズがザック•グレインキーという名の翼を得れば、レンジャーズはライアン•デンプスターを獲りに行くきました。かつて東海岸で行われたような選手獲得のチェスマッチが今やアメリカの西部で行われたのです。

ちなみに、もっと狭い地域内でも西高東低の動きは見られました。ペンシルバニア州では東にあるフィリーズがここのところ圧倒的に強く、西のピッツバーグにあるパイレーツは、どうしようもない成績を収め続けていました。しかし少なくとも今年はパイレーツの年です。フィリーズが誰を出すか悩む中、パイレーツは先発投手のワンディ•ロドリゲスを獲得しました。

21世紀の初めのメジャーリーグは、一部の例外を除き圧倒的に東海岸の時代でした。ワールドシリーズにはヤンキーズか、レッドソックス、レイズ、マーリンズやフィリーズなど、イーストディビジョンのチームが出場していました。特に東海岸のチームは大きな市場を抱え、豊かな資金力を活かしていました。

しかし選手の世代交代が進むと共に、まるでアメリカの発展の歴史をなぞるかのごとく、メジャーリーグの重心も西へ動きました。昨年、一昨年とワールドシリーズはミシシッピー川の西側で行われています(セントルイスのブッシュスタジアムは川のすぐ西側!)。その動きがこの夏のトレード戦線にもはっきりと反映されました。莫大なテレビ放映権料を活かしたレンジャーズやエンジェルズ、オーナーが代わり安定的な経営をできるようになったドジャースなど、チームの強さだけではない要素も、パワーシフトを助けているようです。

8月になり、ウェイバーを除いて、選手の移籍も一段落着いた格好です。ワールドシリーズへの戦いはフロントオフィスのチェスマッチから、選手と監督同士の総力戦に変わりました。10月になったとき、西高東低の天気図はまだ強いのか、それともヤンキーズや、トレード期限に比較的派手な動きをしなかったワシントン•ナショナルズやシンシナティ•レッズなどがそこに楔を打つのか。ワールドシリーズを狙うチームにとり、長いレギュラーシーズンの本当に長い時期が始まったところです。

[MLB短評]Fun Vote


Darvish leads AL vote; Chipper replaces Kemp | MLB.com: News
ダルが監督推薦されなかった深~い理由…米球宴(夕刊フジ) – goo ニュース

今年も7月第2火曜日、メジャーリーグのオールスターゲームが近づいてきました。いつも思うのは、オールスターは試合よりも試合前のほうがずっと盛り上がってる印象を受けるということです。特に最近のオールスターは投手戦になりやすいため、試合そのものは見応えはあっても試合中は意外と静かな展開が多いように思われます。

オールスターの全体のファン投票は6月中に全て終了し、監督推薦の選手も発表となりました。こうしてどの選手をオールスターで観たいかと考えながら票を投じることがオールスターの楽しみの一つです。そして現在行われているのが、各リーグから最後の一人を選ぶFinal Voteです。各リーグから選ばれた5人の選手は、どの選手も監督推薦で選ばれても全く不思議ではないのですが、各チームは彼らが最後の1枠に入るための選挙活動を活発化させています。特に今年のナショナルリーグのFinal Voteでは、全米中が約20年間その活躍を見続け、約100%今年が最後のオールスターの出場機会を得られるかもしれないブレーブスのチッパー・ジョーンズと、全米中が今の、そしてこれからの活躍を観てみたいナショナルズのブライス・ハーパーが5人の中に含まれました。こうした選手を5人に入れることで、よりオールスターへの注目度を高めるのも、メジャーリーグらしい戦略だと思います。

※このブログを書いている最中に、チッパー・ジョーンズがドジャーズのマット・ケンプの代役としてオールスターに選ばれたとのニュースがありました。

Chipper picked to join NL All-Star roster| MLB.com: News

その中で気になったのは、ダルビッシュ有がこのFInal Voteに入ったことです。今年のアメリカンリーグの監督はレンジャーズのロン・ワシントンが務めますが、ワシントン監督はあえてダルビッシュを監督推薦ではなくFinal Voteに回したのではないかという考えが産まれても不思議ではありません。もともとダルビッシュは「自分はオールスター選出にはふさわしくない」と謙遜気味なコメントを残していますが、ワシントン監督はダルビッシュのコメントに反して、レンジャーズのローテーション等を考えて予めオールスターのロースターから外したというより、ダルビッシュをこのように目立つ場所に置くことが目的だったのかもしれません。レンジャーズのFacebookでもここまで取り上げてもらえるのです。

そしてこれはメジャーリーグにとっても嬉しい動きでもあります。想像に容易いことですが、通常のファン投票と違い、メジャーリーグはFinal Voteによって日本からのダルビッシュ票を期待でき、メジャーリーグのオールスターで唯一の日本人選手として日本からの試合そのものの注目度を集めることができます。別にリーグ側がワシントン監督に「ダルビッシュを監督推薦しないように」と促したとは言いませんが、メジャーリーグはワシントンに感謝すべきかも知れません。

もうひとつおもしろい動きは、Final Voteに向けて各リーグのチーム同士で「同盟」を結んでいる点です。かつては既にオールスターに選出された選手が、自分のチームにいるFinal Vote候補の選手向けの選挙活動をがんばって行い、票を集めていました。それももちろん行われていますが、それに加えてチーム間の同盟を結んで、より一層票を集めようとしています。例えば、首都圏内にあるオリオールズとナショナルズは、ジェイソン・ハメルとブライス・ハーパーという両チームの選手への投票を促すための運動を行っています。ただ、

ただし、ナショナルズのデイビー・ジョンソン監督はこのような運動があるのを知らないのか、このようなコメントをしてブレーブスのジョーンズへの選挙運動を支援しています(これはジョーンズがオールスターに選ばれる前のコメント)。

オリオールズとナショナルズ以外にも、レンジャーズとダイヤモンドバックスは同じウェストディビジョンのチームで、ダルビッシュは日本から、アーロン・ヒルはトロントからアリゾナに来た(別にカナダ出身ではないのだけど)という共通点を見出して同盟を結び、ブレーブスとロイヤルズは、ロイヤルズのジョナサン・ブロクストンがジョージア州オーガスタ出身だからという理由で同盟を結んでいます。また、Final Voteに絡んでいないカブスまでもがこの動きに割って入り込もうとしています。ここまでくると単なるこじつけとしか見えませんが。

The Cubs do not have a Final Vote candidate, but they now play a role. That’s because the Cardinals and White Sox announced an alliance to back Freese and Peavy, citing “common interests — particularly as it relates to a certain baseball rival.” The governors of Illinois (Pat Quinn) and Missouri (Jay Nixon), both big baseball fans, even got into the act, each backing the candidates on the “Red, White & You ’12” alliance.

メジャーリーグのオールスターでは、試合の数日前から地元でさまざまな催し物が行われたりするなど、いかにして本番を盛り上げるかも見ていて楽しいものです。オールスター直前に行われるこのFinal Voteもその一環と見ることができます。日本ではオールスターのファン投票での「組織票」が問題になっているようですが、ファン投票、特にこのFinal Voteなんかは見方によっては「組織票」の最たるものです。でも、誰をオールスターに出すかをを選ぶこと自体を楽しもうとする考えがあってもいいのではないかと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。