なっきぃ、たくさんの人に知ってもらいたいね、なっきぃ!!

なっきぃの℃-uteブログ7/1より:

01

なっきぃ、MJの公開収録に出たんだね、なっきぃ!!
久しぶりのMJだよね。たぶん、キャンパスライフ以来かな?

02

なっきぃ、悲しき雨降り/アダムとイブのジレンマのおかげでテレビでの露出も多くて嬉しいね、なっきぃ!!
たくさんの雑誌の取材も受けているし、多くの人に知ってもらえるといいよね。

03

なっきぃ、そのあとはフランスでのライブのリハーサルをしたんだね、なっきぃ!!
頑張るしかないね!!楽しんでいこう!!

04

なっきぃ、愛理ちゃんと2ショットだね、なっきぃ!!
ここのところ愛理ちゃんと一緒の写真が多いね。2枚くらいしかないけどw

05

なっきぃ、月刊エンタメ見てもらいたいね、なっきぃ!!


ENTAME (エンタメ) 2013年 08月号 [雑誌]

広告

なっきぃ、℃-uteに入れて嬉しいね、なっきぃ!!

なっきぃの℃-uteブログ9/2より

20120902-192501.jpg
20120902-192529.jpg

なっきぃ、今日は浅草でベリキューの握手会だったね、なっきぃ!!
オレもなっきぃと愛コンタクトしてきたよ(キモすぎるw

20120902-192710.jpg

なっきぃ、来て下さった方々は浅草でふつうに観光していたみたいだね、なっきぃ!!
なっきぃも休憩時間に浅草を回りたかったんだね。
そんなオレも浅草寺でお参りしてきたよ。浅草といえば当然浅草寺だしね。なっきぃとオレのことをお願いした(それは仏様が却下だわw

20120902-193013.jpg

なっきぃ、握手のときになっきぃの笑顔を見て元気になれるとかって言ってもらったんだね、なっきぃ!!
そう言われると℃-uteに入ることができてよかった!と実感するよね。そういう声を聞けるから握手会はいいんだよね。
ちなみに、オレもなっきぃ見ていろんなところが元気になるよ(何処?

20120902-193324.jpg

なっきぃ、今日も途中で雨が降ったね、なっきぃ!!
ベリキューの握手会3回とも雨だったね。これは偶然かな、それとも必然かな?どちらにしても、外が土砂降りのとき、まいみ〜は笑顔を振りまきながらブースに移動してたよw
つまり、オレとなっきぃの出会い同様に必然ってことだな(マテ

20120902-193601.jpg

なっきぃ、このあとNHKラジオに熊井ちゃんと一緒に出るんだよね、なっきぃ!!
「ダメダメラジオ 天使のお言葉」だね。

20120902-193745.jpg

なっきぃ、以前まいみ〜が出たラジオだね、なっきぃ!!
まいみ〜はすごく楽しんだから、なっきぃもすごく楽しみにしているんだね。

20120902-193908.jpg

なっきぃ、ラジオは今夜の23時10分からだね、なっきぃ!!
夜遅くまでがんばってね!!

[NBA短評]Ad-ditional issue

NBA Jerseys to Have Advertising Space, Promote Companies | Business | TIME.com (2012/7/23)
NFL, MLB Say No to Uniform Ads, For Now | Business | TIME.com (2012/8/7)
Pros and Cons: Corporate Ads on NBA Jerseys May Debut in 2013 – Forbes (2012/7/20)

自分がメジャーリーグを見始めた1990年頃に驚いたことの一つが、スタジアムに広告がほとんどないことでした。日本の野球場ではあらゆるところに企業名や商品名が掲げられていたのに対し、ごくわずかに企業の看板があるだけのメジャーリーグのスタジアムのスッキリした形に衝撃を受けました。また、あの当時のスタジアムは「クッキーカッター」と言われるほどに、似たようなスタジアムが多かった時期であり、それらのスタジアム名も「◯◯市立病院」並みのスッキリしたものが多かったのです。スリーリバース・スタジアムとリバーフロント・スタジアムなんかは、ホームチームのユニフォームを見ないとそこがどちらのスタジアムかわからないほどでした。

それから時代が移って、今やメジャーリーグのスタジアムは広告掲示板そのものになりました。バックネットの部分やフェンスの部分にはもちろんのこと、フェンウェイ・パークのグリーンモンスターや、リグレー・フィールドの蔦の中にも広告があります(トヨタはリグレー・フィールドのレフト後方にあるアパートのところにおなじみのロゴを掲げているほどです)。それも英語だけでなくスペイン語や日本語の広告もあるくらいです。オールスターやプレイオフ、ワールドシリーズになると、デジタル・サイネージを使い、日本向けだけの広告がテレビに映るようにもなりました。「AEON」などの日本企業の文字が映るたび、NHKのアナウンサーは「この映像はMLBの国際映像を元に制作されています」と言わなければならないのです(日本のプロ野球を生中継するときにはそんな言い訳しないのに)。

スタジアム内の広告だけでなく、今やスタジアム名そのものが広告です。いわゆる「ネーミングライツ」です。今やスリーリバース・スタジアムなんていう平凡な名前(と見た目)のスタジアムではチーム経営が成り立たないわけで、ハインツ・フィールドやPMCボールパークという名前にして、そこから得られる企業宣伝料を収入のあてにしています。

このように、スポーツの世界と広告は一蓮托生の状態です。それでも、アメリカの4大メジャースポーツにおいて未開拓の場所は残っていました。ユニフォームです。ユニフォームに広告を載せることは、一部の例外(例えばメジャーリーグの日本開幕戦など)を除き、考えられないこととされていました(一時期のWNBAのユニフォームや、NASCARのレースウェア、マイナーなスポーツリーグのユニフォームなどには広告が貼られています)。

しかし、NBAは2013年シーズンからついにこのタブーを破ろうとしています。小さな広告用ワッペンをユニフォームに付けることを許可する方向で動いていることが、この夏わかりました。このニュースが伝わると、メジャーリーグやNFLはどうするのかとコミッショナーに問う声が上がりました。現在のところ、メジャーリーグNFLもユニフォームに広告を載せることを考えていません。バド・セリグMLBコミッショナーは「ユニフォームは歴史そのもの」だから広告を載せることはできないと話し、ポール・タグリアブーNFLコミッショナーは、パートナー企業が限られていることを理由にしています(NFLは他のスポーツと違い、フィールド内にも広告がない、というべきか物理的に広告を置くことができません)。

ユニフォームに企業名や商品名が載せられているのは、日本のJリーグからプレミアリーグまで、サッカーの世界では当然なことです。それはサッカーではテレビCMを入れることができないからだと言われています。今やプレミアリーグのユニフォーム市場にはヨーロッパや中東の企業だけでなく、アメリカのシボレーまでもがマンチェスター・ユナイテッドとロゴを載せてもらう契約を結ぶほどです。それだけマンUの知名度と影響力がアメリカにも及んでいることを表すニュースです。

アメリカのメジャースポーツの中でも世界市場が大きいNBAは、これを見てうちもやってみるかと考えたのでしょう。ただしチーム名や都市名がユニフォームから消えるほどのものではなく、あくまでも小さいワッペンでの広告を許可をする方向に動くことで、ユニフォームの歴史を途絶えないようにさせようとしているのだと思います。これによりNBAは最高で100億ドルの収入を目論んでいるそうです。ただし、プレミアリーグほどの市場規模ではないNBAのユニフォームに投資する企業は、一部の人気チームを除いて地元企業ぐらいではないかとも考えられています。

アメリカでは好きなチームまたは選手のユニフォームを買ってスタジアム、アリーナに行くというのが、チームに対する忠誠心だとされています。そのユニフォームに広告が載ることには生理的に受け付けない流れが強いです。一方であらゆる形で収入源を探っているNBAにとって(他のメジャースポーツリーグもそうなのですが)、ユニフォームの広告はリーグにとっては最後の領域であり、ファンにとっては神聖な物です。リーグのソロバン勘定が勝つのか、ファンの忠誠心が勝つのか?ただ、もし仮にNBAがこれを本格導入したら、他のスポーツのユニフォームにも広告が貼られるのではないかと考えます。「ユニフォームは歴史」だのなんだのと言いながら、各リーグはそれ以上に収入が欲しいのです。

[政治短評]遅延・隠蔽・失墜

日本政府の北ロケット情報発表に遅れ、二重チェックに時間 (ブルームバーグ)
田中防衛相、袖を引っ張られるよう会見場を退出(読売新聞) – goo ニュース

4月13日の朝、予告通り北朝鮮がミサイルを発射しました。結果としてそれは失敗でミサイルは黄海に落ちました。同時に日本の情報収集能力は地に落ちました。いやそんな能力は最初からなく、地に落ちる余地すらなかったというべきでしょう。

7時40分頃に北朝鮮はミサイルを発射し、15分後には米韓メディアはその事実を報道していました。NHKはミサイルが発射された際には特別体制を敷くとされていましたが、8時から15分間通常どおり朝ドラを放送していましたちなみに、北朝鮮では発射当時何をしていたかというと

一方、NHKでは梅ちゃん先生が戦後の崖機の中で奮闘している15分間に、CNNは北朝鮮のニュースを伝え続け、アメリカの報道機関は取材を続け次々とTwitterで最新情報を流しており、この時点でミサイル発射は失敗だったという情報も流れました。日本の朝のワイドショーでも、おなじみの「アメリカCNNテレビによると」という形で今回の一件を報道しているところがありましたが、なぜ日本の近くで起こったことをアメリカ経由で知る必要があるのでしょうか。だったら最初からCNNやBBCを見ている方が早いのです。

それはともかく、こうして刻一刻と事態が変わり続ける中、日本政府が発射した一言は驚くべきものでした。

6bd408915219c96b9e8536260f9ceab3
(ロイター)

そして、梅ちゃん先生がようやく終わり、田中防衛大臣が慌てて短時間の記者会見(と呼ぶべきほどのもの?)をした後にJアラートが鳴ったそうです。「Jアラート」とは「全国”瞬時”情報システム」を指しますが、多くの宛先へ「瞬時」に情報を送ることはできても、発生「直後」に情報を「瞬時」にを送ることはできない無駄なシステムであることが明らかになりました。

さらに笑ったのが、官房長官の午前の会見によれば、日本政府は7時40分にミサイル発射の事実を知りながらも、「ダブルチェックのため発表が遅れた」のだそうです。これは明らかに発表の遅延ではなく事実の隠蔽です。確かに2009年4月のミサイル騒ぎの時、発射前日に政府はミサイル発射の誤報を流したという過去があります。もしかしたら関係者の中には2009年4月4日11時頃のこのことをトラウマに感じていた者がいたのかもしれません。

しかし北朝鮮が予告なく日本を標的にミサイルを発射した場合でも同じことをしていたのでしょうか。国民はこんな理由で納得しないでしょう。原発事故から1年1ヶ月経っても、日本政府は情報収集能力も発信能力も備えていないことが明らかになりました。ただし情報改ざん能力だけは長けているようです。これならば税金を使いながらも全く使えないJアラートではなく、無料で使えるTwitterでアメリカ政府や報道機関をチェックしている方がずっと信頼性が高く安全です。

後手に回ったどころか何もやっていないに等しい今回の対応を見るにつけ、原発事故に続き国民を守る意思すら見せられなかった民主党政権は即刻解散すべきです。本来であれば大きなヘマをした彼らは、ミサイルの照準を本州ではない方向に向け、かつ打ち上げを失敗してくれた北朝鮮に「感謝」しているはずです。彼らが世界的に報道されるほど大いなる失敗したおかげで、彼らは多くの意味で助かったのです。しかし民主党政権の寿命は一気に縮まったというべきでしょう。いやもう死んだも同然です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。